映画『007/慰めの報酬』のあらすじとキャストは?

『007/慰めの報酬』

 

「007」映画シリーズ第22作目『007/慰めの報酬』のあらすじとキャストなどに徹底解説!

 

映画『007/慰めの報酬』の解説・見どころ

「007」映画シリーズ第22作目。ダニエル・クレイグ版ボンドの第2作目。本作は、前作『007/カジノ・ロワイヤル』のエンディングから1時間後に物語が始まるという「007」映画シリーズとしては初の続編。

タイトルの「Quantum of Solace」は、イアン・フレミングの007シリーズの短編集「007号の冒険」(新版「007/薔薇と拳銃」)に収録されている一編「ナッソーの夜」から取られているが、ストーリーは小説とは関係なく映画本編のオリジナル作品。

MI6の内通者を追跡するシーンにも使われたイタリア・シエーナで800年以上行われている伝統行事、地区対抗騎馬レース”パーリオ”での街の熱狂する場面は見応え充分。『007/慰めの報酬』は、「007」映画シリーズのなかでもロケ地での撮影が多い作品で世界各国の異国情緒とボンドのアクションが存分に楽しめる1本になっています。

ラストシーンのチリのアタカマ砂漠の砂漠は、愛する人を失ったボンドの孤独や寂しさを象徴しています。復讐を遂げても寂しさは癒やされない。

 

 

映画『007/慰めの報酬』のあらすじ

映画『007/慰めの報酬』予告編

映画『007/慰めの報酬』のあらすじ

前作『007/カジノ・ロワイヤル』のラストシーンから1時間後。

『007/カジノ・ロワイヤル』映画『007/カジノ・ロワイヤル』のあらすじとキャストは?

 

ガルダ湖からイタリア・シエーナへ

英国秘密情報部員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、ヴェスパー・リンドの残した手がかりからミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を確保。Mが待つMI6の隠れ家に連れて帰る途中何者かに襲われる。

激しいカーチェイスを振り切ってボンドはMI6の隠れ家にたどり着く。ボンドはM(ジュディ・デンチ)からヴェスパーの恋人だったユーセフ・カビラがモロッコで殺されイビサ島の海岸で発見されるが本人であるか確認できないため、ヴェスパーが持っていた彼の髪をDNA鑑定した結果、別人であったと聞かされる。ボンドは興味はないと言いながらもユーセフ・カビラの写真を素早く盗み出す。

Mとともにミスター・ホワイトの尋問を始めるが彼は笑いながら、

ミスター・ホワイト「われわれの仲間はあらゆるところに出向いている」

とMのボディガードのミッチェル(グレン・フォスター)に目を向けると突然、同僚に発砲し逃走する。MのボディガードのミッチェルはMI6内部の裏切り者であった。ミッチェルの手引でミスター・ホワイトを逃してしまう。

ボンドは、ミッチェルの後を追い彼を殺害してしまう。ボンドらは、世界中の有力者や諜報機関をも取り込む想像以上に巨大な組織が背後に存在することを思い知らされる。

 

ロンドン

ロンドンにあるミッチェルのアパートを鑑識が調べるが秘密組織の証拠らしきものは見つからなかった。ときおり慈善団体に少額のお金を寄付していたことぐらいしかわからなかった。本部にいるビル・ターナー(ロリー・キニア)からの連絡でミッチェルが持っていた紙幣はル・シッフルの口座から出された紙幣で、エドモンド・スレイトという人物のハイチのポルトー・プランスの銀行口座に振り込まれたことが判明する。そして、その男が滞在しているハイチのデサリン・ホテルへボンドは向かう。

 

ハイチ ポルトー・プランス

ハイチのデサリン・ホテルを訪れたボンドは、スレイトが宿泊している325号室に忍び込むと隠れていたエドモンド・スレイト(ニール・ジャクソン)と乱闘になる。

ボンドは、スレイトから情報を得られずに彼を殺してしまう。ボンドがホテルから出るさいにフロントに自分宛ての連絡がないか尋ねるとブリーフケースを預かっていると言われ、ボンドはそのブリーフケースをもらいホテルから外へ出る。ボンドの目の前にいきなり車が止まり、運転している女が早く車に乗れと言われ車に乗り込むボンド。ボンドがブリーフケースを開けると拳銃と車を運転している女の写真がなかに入っていた。スレイトは彼女を殺害するために雇われた殺し屋だった。車の後を尾行するバイクに気がつくと、

謎の美女「友達?」

ボンド「友達はいない」

ブリーフケースに拳銃が入っているのを見ると女も拳銃を取り出してボンドに向けて撃つが、ボンドは素早く車から飛び出す。後を追いかけてくるバイクに乗った男からバイクを奪い取り、ボンドは女が運転する車のあとを追いかけた。

埠頭の事務所に入った謎の女は事務所にいた男に彼のために情報を得ようとしていたと告げる。慈善保護団体「グリーンプラネット」の代表ドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)は、謎の女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)の暗殺に失敗したことを知る。表向きは、環境保護を訴えるグリーンだったが、裏では謎の組織の幹部であり、豊富な天然資源を持つボリビアでクーデターの支援を企てていた。クーデターを計画している、かつてはボリビアの独裁者であったが、新政権では失脚してしまったメドラーノ将軍(ホアキン・コシオ)と手を組もうと画策していた。その見返りに一見不毛な砂漠の一角を手に入れようと交渉していた。そんなメドラーノ将軍に、両親と姉を殺されて、家を焼かれて密かに復讐を企てていたのがカミーユだった。ドミニクは、メドラーノ将軍との交渉を成功させるためにカミーユをメドラーノ将軍に預ける。ふたりがボートで埠頭を去ろうとしているときにボンドは、埠頭にあるボートに飛び乗りふたりのあとを追いかけた。

ボンドは、メドラーノ将軍のボートからカミーユを助け出しボートで逃げ切ることに成功。対岸についたボンドは、停めてあった車を盗みグリーンのあとを追う。

ボンドは、ロンドンのMI6本部にドミニク・グリーンの写真を転送し、ドミニク・グリーンの情報を得る。グリーンがチャーター機に乗り込むのを目撃したボンドは、行き先を調べてもらうとオーストリアのブレゲンツだと判明する。

チャーター機のなかでグリーンが出会っていたのは、CIAの南アメリカ担当課長のグレゴリー・ビーム(デヴィッド・ハーバー)と部下のフェリックス・ライター(ジェフリー・ライト)であった。グレゴリー・ビームはドミニク・グリーンの組織が南米の国々で行うことには関与しないと約束していた。グリーンに、ボンドの写真を見せられて、この男を知らないかと尋ねられるが、ライターは知らないと答える。グリーンからこの男を始末してほしいと頼まれてグレゴリー・ビームは引き受ける。

 

オーストリア ブレゲンツ

ドミニク・グリーンは、ボーデン湖で開催される湖上オペラ「トスカ」の会場に到着する。ボンドもグリーンの後を追い、オペラ会場に潜入する。ボンドは組織のメンバーを殺し受付で配られた紙袋を開けるとイヤホンが入っていた。そのイヤホンを装着するとグリーンらの組織は、会場に集まったメンバーらで組織の会合を行っていた。

組織の幹部「カナダ情報部の話は進んでいるのか」

ドミニク・グリーン「それよりボリビアの「ティエラ計画」が最優先だ」

ボンドは会合に参加して組織の幹部の顔写真を撮る。会場でボンドはドミニク・グリーンと出会ってしまい手下たちと乱闘になる。そのなかでボンドがオペラハウスの屋上から突き落とした相手は、英国の特命大使ガイ・ヘインズの特命警護部ボディガードであった。ボディガードは、ドミニク・グリーンの手下に射殺された。ボンドが犯人だと思い込んだMは、ボンドのパスポートとクレジットカードを失効させた。

 

イタリア タラモーネ

ボンドは、MI6を引退したルネ・マティス(ジャンカルロ・ジャンニーニ)を訪ねる。カジノ・ロワイヤルでは、ボンドを裏切ったためMI6の尋問を受けて引退し、その代わりにタラモーネに別荘を与えられた。ボンドは、パスポートとクレジットカードの手配と、ボリビアのパラスに同行してほしいと頼む。

マティス「ヴェスパーは君を愛していた」

ボリビアまでの道中、夜寝られず、ヴェスパー・マティーニを6杯飲むボンド。

マティス「眠れないのか。どんな薬でも持っているぞ。昔を忘れる薬だって」

 

ボリビア ラパス

ボンドとマティスを出迎えたのは、ボリビアの英国領事館に勤務するMI6のエージェント、フィールズ(ジェマ・アータートン)という女性だった。彼女の仕事は、ボンドを次の英国行きの飛行機に乗せて帰国させることだった。フィールズに案内されたホテルが気に食わず、ボンドは宿泊するホテルを変える。ボンドは、アンデス・グランド・ホテルのスイートルームでフィールズを誘惑するのであった。

マティスは、南米勤務時代に親しくなった警視総監カルロス(フェルナンド・ギレン・クエルボ)に連絡を取り、ドミニク・グリーンが主催する資金協力パーティーの招待券を手に入れる。

ボンドはマティス、フィールズらと資金協力パーティーに乗り込む。ボンドは、マティスから警視総監カルロスを紹介される。カミーユもパーティーに潜入して、ボンドと再会する。ふたりは車に乗り込みパーティーをあとにするが、地元の警官に車を停めるように言われる。車のトランクを開けろと言われて、ボンドが車のトランクを開けるとなぜかマティスが押し込まれていた(友人だと思っていた警視総監のカルロスに裏切られて暴行を受けていた)。まだ、息のあったマティスに気がついた警官をマティスに向けて発砲する。ボンドは警官ふたりと格闘し、拳銃で射殺する。そばにいてくれと言うマティスをボンドは抱きかかえる。

マティス「ヴェスパーは君にすべてを捧げた。許してやれ。そして、自分を許せ」

と言葉を残して息を引き取った。ボンドは、マティスの遺体をゴミ箱に入れる。カミーユは驚くがボンドは「彼は気にしない」と言って車を走らせた。MI6本部には、マティスが射殺され、ボンドが撃ったと報告される。

ボンドとカミーユは、グリーンの土地取得予定地を調査するために、年代物のプロペラ機ダグラスDC-3を借りる。飛行機を操縦しながら、ボンドはカミーユがボリビアの諜報部員だということを知る。

プロペラ機は飛び立つが途中で謎の組織の戦闘機から攻撃され、墜落してしまう。ボンドとカミーユはプロペラ機からパラシュートをつけて脱出するが、陥没した穴に落ちる。ボンドは、そこでカミーユの本当の目的を知る。カミーユの両親と姉はメドラーノ将軍に殺され家を焼き払われた。彼女はメドラーノ将軍に復讐する機会をうかがっていた。ボンドも同じように大事な人のために復讐を考えていると話す。だが、まだ相手は見つからないとも話す。

ボンドとカミーユは、洞窟の出口を探している間にボリビアの真水を遮断している場所を発見する。通常、地下の川を流れている水がダムによって堰き止められていたのだ。

ホテルに戻ったボンドは、ベッドで原油まみれのフィールズを見つける。フィールズは謎の組織によって原油まみれにされて殺された。Mは、敵味方の区別なく脅威となったボンドを今回の調査が終了するまで停職にすると告げる。ボンドは、連行される途中で逃げ出すことに成功。このまま調査を続けるとMに告げた。

ボンドは、CIAのフェリックス・ライターに連絡して、地元のバーで出会う。ボンドはライターからドミニク・グリーンとメドラーノ将軍がボリビアの砂漠にあるホテルで出会うとの情報を得る。ボンドを殺すためのアメリカの特殊部隊があと30秒で到着するとも知らされる。

 

ホテルが見える場所で銃の手入れをするカミーユ。

ボンド「人を殺したことは?

引き金を引く瞬間が大切だ。

復讐の気持ちがそれを乱す。

深呼吸しろ。

1発で相手を仕留めるんだ」

 

ホテルのなかでは、警視総監のカルロス、メドラーノ将軍がドミニク・グリーンから資金を受け取っていた。ボンドとカミーユはそれぞれホテルに潜入する。警視総監のカルロスは、車でホテルを出ようとした瞬間にボンドの襲撃を受ける。

ボンド「マティスが世話になったな」

ボンドは、1発でカルロスを仕留める。暴走した車が水素燃料タンクを破壊し、ホテル内は連鎖的な爆発が起こりホテルは火の海となる。グリーンとの仕事が終わったメドラーノ将軍が部屋で給仕の女性を暴行しているすきにカミーユは部屋に突入し、メドラーノ将軍と乱闘となる。ボンドはドミニク・グリーンを見つけ、斧を振り回すグリーンと激しい乱闘となる。銃声を聞きカミーユがいる部屋に飛び込むボンド。

カミーユはメドラーノ将軍を1発で仕留めていた。炎に怯えるカミーユを炎から守りながらボンドは水素燃料タンクを撃ち抜きホテルの壁に開いた大きな穴から脱出するのであった。

 

ボンドがカミーユを助け出しているすきに逃亡するグリーン。

ドミニク・グリーン「組織クォンタムのことはもう喋ったぞ」

グリーンを砂漠の真っ只中に連れていきエンジンオイルだけ置いて車で走り去るボンド。

 

車で駅に到着したボンドとカミーユ。

カミーユ「死者は安らぎを得たかしら?」

ボンド「死者は復讐を求めていない」

カミーユ「あなたを自由にしてあげたい。自分の心にとらわれている」

キスをして別れるふたり。

 

ロシア カザン

男と女が買い物をして帰ってくる。部屋の明かりをつけるとそこにはボンドがいる。女に向かってカナダ人だなと話しかけ、

ボンド「カナダ情報部の秘密が外に漏れていると上層部に報告するように」

女が身につけているアルジェリアの愛の結び飾りのペンダントを見て、ボンドは私の大切な友人も彼から同じペンダントをプレゼントされたと話す。女はありがとうと囁き部屋を出ていった。

ユーセフ・カビラ(サイモン・カシアニデス)は、早く殺せとボンドに静かに語りかけた。

アパートの外で待っていたMは、ボンドに探していたものは見つかったと尋ねる。

M「後悔はない?」

ボンド「あなたが正しかった。ヴェスパーのこと」

M「戻ってきて」

ボンド「退職した覚えはありません」

ボンドは、雪のなかにヴェスパーの愛の結び飾りを捨ててその場から立ち去った。

 

 

 

映画『007/慰めの報酬』作品情報(スタッフ・キャスト)

原題:Quantum of Solace

製作年:2008年

製作国:イギリス/アメリカ合衆国

製作会社

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

イオン・プロダクション

ダンジャック

ユナイテッド・アーティスツ

コロンビア映画

配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

日本公開日:2009年1月24日(土)

上映時間:106分

 

【 スタッフ 】

製作

マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ

監督:マーク・フォースター

原作:イアン・フレミング

脚本

ポール・ハギス

ニール・パーヴィス

ロバート・ウェイド

音楽:デヴィッド・アーノルド

テーマ曲:モンティ・ノーマン「ジェームズ・ボンドのテーマ」

主題歌:アリシア・キーズ ジャック・ホワイト「アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ」

撮影:ロベルト・シェイファー

編集:マット・チェシー リック・ピアソン

 

【 キャスト 】

ダニエル・クレイグ:ジェームズ・ボンド

任務遂行中の殺人が認められているイギリス政府公認の殺人許可書”殺しのライセンス”を持つイギリス情報局秘密情報部(MI6)00課に所属するエージェント。コードネームは”007”。

ダニエル・クレイグ【6代目ジェームズ・ボンド】【6代目ジェームズ・ボンド】ダニエル・クレイグのプロフィールやキャリアは?

 

オルガ・キュリレンコ:カミーユ・モンテス

両親と姉を殺されて復讐に燃えるボリビアの元諜報部員。標的は、ボリビアの元独裁者・メドラーノ将軍で、彼はボンドが追っている謎の犯罪組織クォンタムの幹部ドミニク・グリーンと通じていたことから協力。心の傷を慰め合うなかで次第にボンドに惹かれてゆく。

 

マチュー・アマルリック:ドミニク・グリーン

本作の悪役。表向きは環境保護を訴える慈善団体グリーンプラネットの代表だが、実は謎の犯罪組織クォンタムの幹部であり、豊富な天然資源を持つボリビアでクーデターの支援を企てている。

 

ホアキン・コシオ:メドラーノ将軍

ボリビアの元独裁者。カミーユ・モンテスの両親と姉を殺害し、彼女の家を焼き払う。

 

ジュディ・デンチ:M

イギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長。

 

ジャンカルロ・ジャンニーニ:ルネ・マティス

MI6を引退したエージェント。

 

ジェマ・アータートン:スロベリー・フィールズ

ボリビア駐在の諜報部員。

 

ジェフリー・ライト:フェリックス・ライター

CIA出身のボンドの旧友。

 

イェスパー・クリステンセン:ミスター・ホワイト

謎の犯罪組織の幹部。

 

ロリー・キニア:ビル・タナー

MI6の幕僚主任としてMの仕事をサポートする忠実な部下。

 

グレン・フォスター:クレイグ・ミッチェル

イギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長Mのボディガード。実は秘密組織クォンタムの工作員。

 

ニール・ジャクソン:エドモンド・スレイト

地質学者。実は、カミーユを殺害するためにドミニク・グリーンに雇われた殺し屋。

 

デヴィッド・ハーバー:グレゴリー・ビーム

CIAの南アメリカ担当課長。

 

フェルナンド・ギレン・クエルボ:カルロス

ボリビア警察の警視総監。

 

サイモン・カシアニデス:ユーセフ・カビラ

謎の組織の一員。ヴェスパー・リンドの元恋人。

 

 

 

映画『007/慰めの報酬』トリビア

◎この『007/慰めの報酬』は、『007は二度死ぬ』(1967)以来、ボンドが自己紹介の台詞で有名な「ボンド、ジェームズボンド」を言わない2本目の作品です。台詞はいくつかの異なるシーンで撮影されましたが、監督のマークフォースターとプロデューサーが作品の中で自己紹介をするシーンを必要としないと判断したため完全にカットされました。また、ジェームズ・ボンドの定番の台詞でもある「ウォッカ・マティーニを、ステアではなくシェイクで。」もこの作品には登場しません。

 

◎ラストシーンが撮影されたチリのアタカマ砂漠は、地球上で最も乾燥した地域で測定可能な降水量が記録されていません。

 

◎ボンド役のダニエル・クレイグは、この『007/慰めの報酬』と比較して、『007/カジノ・ロイヤル』は肉体的に「楽だ」と感じていそうです。ダニエル・クレイグがするボンドの役作りのために行うトレーニングは非常に激しく、ボクシング、ランニング、スピードボート、スタントドライビングが多く含まれていました。ダニエル・クレイグは、この『007/慰めの報酬』の撮影中に3回負傷しました。

 

 

映画『007/慰めの報酬』を鑑賞できる動画配信サービスは?

 

【定額見放題】

Amazonプライム・ビデオ

参考 映画『007/慰めの報酬』Amazonプライム・ビデオ

 

【レンタル】

U-NEXT

参考 映画『007/慰めの報酬』U-NEXT

 

Video Market

参考 映画『007/慰めの報酬』Video Market

 

GAYO!ストア

参考 映画『007/慰めの報酬』GAYO!ストア

 

 

 

◀◀「007」映画シリーズ第21作『007/カジノ・ロワイヤル』

『007/カジノ・ロワイヤル』映画『007/カジノ・ロワイヤル』のあらすじとキャストは?

 

「007」映画シリーズ第23作『007/スカイフォール』▶▶

『007/スカイフォール』あらすじとキャスト映画『007/スカイフォール』のあらすじとキャストは?

 

「007」映画シリーズ一覧はコチラ!

『007』映画シリーズ一覧『007』映画シリーズ一覧と全世界興行収入ランキング

 

 

記事作成日:2020/05/02

最終更新日:2021/11/27

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。