『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のあらすじとキャストは?

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のあらすじとキャスト

 

「007」映画シリーズ第18作『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のあらすじとキャストなどをまとめてみました!

 

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』の解説・見どころ

ピアース・ブロスナン版ジェームズ・ボンドの2作目で、「007」映画シリーズ第18作。実在メディア王(ロバート・マクスウェル)をモデルにした悪役、ボンドに協力する中国情報部員の登場など、90年代後半の世相を反映した作品。ボンドガールには、香港のアクション女優のミシェル・ヨーを起用。手錠で繋がれた二人乗りバイクでのチェイス・シーンや激しい格闘シーンを自らこなすなどボンド顔負けの活躍を見せる。

 

 

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のあらすじ

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』予告編

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のあらすじ

イギリス情報部MI6のジェームズ・ボンドは、ロシア当局との合同でロシア国境の武器取引マーケットの調査に潜入していた。ボンドが秘密裏に撮影した映像から大量の武器と日本人テロリスト磯倉聡、アメリカ人テロリストのヘンリー・グプタを始めとする危険人物が多く集まっていることを確認したMI6は、ロシア側の合意によりイギリス海軍艦隊からの巡回ミサイル攻撃を行うことを決定する。しかし、マーケットの商品の中に核魚雷があることが判明する。ボンドには退去命令が出されるが、ボンドはこの命令を無視し核魚雷を搭載した戦闘機を確保してマーケットから飛び去ることに成功する。しかし、アメリカ人テロリスト、ヘンリー・グプタを逃してしまう。

その後、南シナ海でイギリス海軍軍艦「HMSデヴォンシャー」が中国空軍のミグ戦闘機の攻撃によって撃沈される事件が起きる。イギリス中国間の緊張が高まるなか、その裏では自ら戦争を起こしてビッグスクープを捏造しようとするメディア王のエリオット・カーヴァーが暗躍していた。イギリスの新聞「トゥモロー」がいち早くこの事件の記事を掲載したことや、シンガポールのMI6支局が不可思議なGPS電波の発信を不審に思ったMは、48時間以内の事実確認の調査のために、ハンブルクで行われるエリオット・カーヴァーのパーティーに潜入することをボンドに命じる。

ボンドは、エリオット・カーヴァーのパーティーで以前関係のあったカーヴァー夫人パリスからカーヴァーの情報を得て、カーヴァーのビルに潜入する。ボンドは、カーヴァーの部下であるヘンリー・グプタの部屋からレイダーの座標を狂わせるGPS暗号機を発見する。ボンドは、逃走中にパーティーで出会った中国の新華社通信の記者と偽っていた中華人民共和国国外安保隊員ウェイ・リンと鉢合わせする。

ボンドは、CIAのジャック・ウェイドの協力により沖縄県のアメリカ軍基地から「HMSデヴォンシャー」が南シナ海に沈んでいることを知らされる。海底に沈んだ「HMSデヴォンシャー」の艦内でウェイ・リンと再会するが、カーヴァーの手下に捕らえられベトナム・サイゴンにあるカーヴァー・メディア・インターナショナルの支局に送られてしまう。そこでエリオット・カーヴァー自ら、偽のGPS電波で「HMSデヴォンシャー」を中国の領海におびき寄せた上に、「HMSデヴォンシャー」と中国のミグ戦闘機を自ら所有するステルス艦によって撃沈、撃墜させ、さらには情報操作によって英中間の戦争を演出し大きな利益を得る計画が語られる。

ボンドは、ウェイ・リンと協力してカーヴァーのもとを脱出し、カーヴァーが所有するステルス艦に潜入。ステルス艦の乗組員たちとの銃撃戦を制して、「HMSデヴォンシャー」から盗まれたミサイルに時限爆弾を仕掛けることに成功し、カーヴァーの野望ごと粉砕するのであった。

任務成功の報告を受けたMは、「エリオット・カーヴァーは、海上で事故死した」と情報操作するよう手配した。

 

 

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』作品情報(スタッフ・キャスト)

原題:Tomorrow Never Dies

製作年:1997年

製作国:イギリス/アメリカ合衆国

製作会社

イオン・プロダクションズ

ユナイテッド・アーティスツ

ダンジャック

配給:UIP

日本公開日:1998年3月14日(土)

上映時間:119分

 

【 スタッフ 】

製作

マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ

監督:ロジャー・スポティスウッド

キャラクター創造:イアン・フレミング

脚本:ブルース・フィアスティン

音楽:デヴィッド・アーノルド

テーマ曲:モンティ・ノーマン「ジェームズ・ボンドのテーマ」

主題歌:シェリル・クロウ「トゥモロー・ネバー・ダイ」

エンディングテーマ:k.d.ラング「サレンダー」

撮影:ロバート・エルスウィット

編集:マイケル・アルカン ドミニク・フォーティン

 

【 キャスト 】

ピアース・ブロスナン:ジェームズ・ボンド

任務遂行中の殺人が認められているイギリス政府公認の殺人許可書”殺しのライセンス”を持つイギリス情報局秘密情報部(MI6)00課に所属するエージェント。コードネームは”007”。

【5代目ジェームズ・ボンド】ピアース・ブロスナン【5代目ジェームズ・ボンド】ピアース・ブロスナンのプロフィールやキャリアは?

 

ジョナサン・プライス:エリオット・カーヴァー

本作の悪役。「カーヴァー・メディア・インターナショナル」の総帥でメディア王。イギリスの新聞「トゥモロー」を発行している。

 

ミシェル・ヨー:ウェイ・リン

新華社通信の記者と偽っていた中華人民共和国国外安保隊員。圧倒的な戦闘能力を誇り、階級は大佐。

 

テリー・ハッチャー:パリス・カーヴァー

「すぐ戻る」と言う言葉を残して消えたジェームズ・ボンドを長年待っていた元恋人。その後メディア王エリオット・カーヴァーと結婚。のこのこと姿を現したボンドに激怒するが、夫の裏の顔を知らされてボンドに協力する。

 

リッキー・ジェイ:ヘンリー・グプタ

エリオット・カーヴァーの部下。

 

ヴィンセント・スキャヴェリ:Dr.カウフマン

エリオット・カーヴァーの部下。

 

ゲッツ・オットー:スタンパー

Dr.カウフマンの部下。

 

セシル・トムセンインガ・バーグストロム教授

 

コリン・サーモン:チャールズ・ロビンソン

MI6のエージェント。

 

ジョー・ドン・ベイカー:ジャック・ウェイド

CIAのエージェント。

 

ジュディ・デンチ:M

イギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長。

 

デスモンド・リュウェリン:Q

イギリス情報局秘密情報部特務装備開発課(Q課)の責任者。QはQuartermaster(需品担当将校)の略称。彼の発明品をすぐに壊すボンドに少し呆れている。

 

サマンサ・ボンド:ミス・マネーペニー

イギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長Mの秘書。

 

 

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』トリビア

◎本作の元のタイトルは、『トゥモロー・ネバー・ライズ(Tomorrow Never Lies)』でした。「トゥモロー」は、メディア王エリオット・カーヴァー(ジョナサン・プライス)が発行する新聞の名前で、これはエリオット・カーヴァーが翌日の見出しを前もって作成していて、これから起こる事件をカーヴァーが裏で操作していたということに繋がっています。しかし、初期のシナリオ草案のタイプミスがプロデューサーによって採用され、現在の『トゥモロー・ネバー・ダイ(Tomorrow Never Dies )』(1997)と変更されました。

 

◎最初、アンソニー・ホプキンスがエリオット・カーヴァー役にキャスティングされ、プロダクションに参加しましたが、現場は非常に混乱していて、完全な脚本が完成していませんでした。イオン・プロダクションは、スケジュール通りに映画製作を終わらせたいというプレッシャーのため、毎朝脚本の新しいページが配信していました。結局、アンソニー・ホプキンスは『マスク・オブ・ゾロ』(1998)に出演することを選びました。

 

◎ミシェル・ヨーは、撮影中にジェームズ・ボンド役のピアース・ブロスナンと仲良くなりました。撮影終了後、彼女はブロスナンは「紳士」であると語っています。

 

◎ジェームズ・ボンドとウェイ・リンが捕らえられ拷問の準備ができると、スタンパーは彼らに自分の道具を見せます。このショットは、この映画全体のなかでゲッツ・オットーの顔を始めてきれいに撮影したクローズアップで、スタンパーが異色症(不一致の目の色)であることがわかります。彼の左目は青、右目は茶色です。しかし、これはスタンパーのキャラクターの特徴で、実際にはゲッツ・オットーの目は両方とも青色です。

 

◎駐車場のシーンを撮り直さなければならなかったとき、ドイツに戻るには費用がかかりすぎたため、ロンドンのブレントクロスショッピングセンターで撮影が行われました。店の周りのポスターには、爆発は心配する必要がないことを買い物客に伝えました。この駐車場シーンを撮影するのに10日かかり、全部で17台のBMWが使用されました。

 

◎『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』は、『007/ゴールデンアイ』(1995)では作中で登場するガジェットが少なすぎる思われたため、本作ではガジェットを特に多用することになりました。

 

 

記事作成日:2020/05/22

最終更新日:2021/06/12

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です