ボンドガールのオナー・ブラックマン死去【『007/ゴールドフィンガー』】

元ボンドガール オナー・ブラックマン死去

 

『007/ゴールドフィンガー』でボンドガール、プッシー・ガロアを演じたイギリスの女優オナー・ブラックマンが、4月5日死去しました。

ボンドガールのオナー・ブラックマン死去

英BBCによるとブラックマンの遺族の声明では、イギリス・イーストン・サセックス州ルイスの自宅で老衰のため亡くなったと発表。94歳でした。

 

 

オナー・ブラックマンのプロフィール

本名:オナー・ブラックマン(Honor Blackman)

生年月日:1925年8月22日

没年月日:2020年4月5日(94歳没)

出身地:イギリス・ロンドン東部プレストウ

 

 

オナー・ブラックマンのキャリア

ギルドホール音楽演劇学校で演技を学ぶ。

参考 Guildhall School of Music & DramaGuildhall School of Music & Drama公式HP

6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグもこのギルドホール音楽演技学校で3年間演技を学びました。

1947年、22歳の頃から本格的に女優デビューし、キャリアを積む。

1962年に出演したイギリスのテレビドラマ『おしゃれ㊙探偵(原題:The Avengers)』で演じたキャシー・ゲイル役で注目される。黒いジャケットに身を包み活発な女性エージェントを演じた。この役を演じるためにブラックマンは柔道などのマーシャル・アーツを学んだ。このテレビドラマに出演してブラックマンは、次世代の女性として、男性からセクシーな女性として注目を浴び大ブレイク。

これ以降、聡明かつセクシーで、男性の相手役より一枚上手の女性を数多く演じた。

この成功から、『007/ゴールドフィンガー』のボンドガール、プッシー・ガロア役に抜擢される。プッシー・ガロアは、女性パイロット集団”プッシー・ガロア空中サーカス”の団長で、悪役オーリック・ゴールドフィンガーがフォート・ノックスに侵入するのをサポートする役。

目の覚めるようなブロンドヘアで銃を手にして、自信たっぷりにジェームズ・ボンドと渡り合う大人の女性で、知的かつセクシーな魅力で多くのファンを獲得し、歴代ボンドガールの中でも高い人気を誇っている。

『007/ゴールドフィンガー』に出演した当時、ブラックマンは38歳。主演のジェームズ・ボンド役を演じたショーン・コネリーは33歳で5歳年上だった。これは『007/オクトパシー』でモード・アダムスに抜かれるまで歴代のボンドガールのなかでは最年長だった。

「007」映画シリーズのプロデューサーを長く務めているマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリのコメント

彼女は映画のアイコンでした。ゴールドフィンガーのプッシー・ガロアとして永遠に記憶に刻まれることでしょう。桁外れの才能を持ち愛されたボンド・ファミリーの一員でした。ご家族にお悔やみ申し上げます

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2020/04/07/66608.html

 

 

『007/ゴールドフィンガー』納屋でのショーン・コネリーとオナー・ブラックマンのシーン

**

 

心より謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

記事作成日:2020/04/09

最終更新日:2021/06/09

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です