映画『007/スペクター』のあらすじとキャストは?

『007/スペクター』あらすじとキャスト

 

「007」映画シリーズ第24作目『007/スペクター』のあらすじとキャストなどを徹底解説!

 

映画『007/スペクター』の解説・見どころ

「007」映画シリーズ第24作目。ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる作品としては4作目で、ついに宿敵スペクターが復活。首領ブロフェルドとボンドの意外な因縁が明らかに。

メキシコの祝祭日”死者の日”を再現した冒頭のシーンは、1500人のエキストラを用意したシリーズ史上最大規模のスケール。また、4分に及ぶワンカット長回しという驚異的な撮影を実現したオープニングは必見。”死者の日”でよく言われる「死者は生きてる(los muertos vivos estan)」という言葉が、本作品のテーマともなっています。

物語後半の見せ場であるスペクター基地の爆破シーンは、大量の燃料と火薬を使って撮影され、「映画史上最大の爆破シーン」としてギネス世界記録に認定された。

 

 

映画『007/スペクター』のあらすじ

映画『007/スペクター』予告編

映画『007/スペクター』のあらすじ

死者は生きている

メキシコシティ

英国秘密情報部員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、前任者M(ジュディ・デンチ)からテロリスト・スキアラの暗殺を指示される。メキシコの祝祭日”死者の日”に、ボンドはスタジアム爆破を計画しているスキアラ(アレサンドロ・クレモナ)ともうひとりの男の暗殺を試みる。ボンドは彼らの会話を盗聴し、”青白い王”という言葉を耳にする。

ふたりの男「死に乾杯」

ボンド「お前たちの最後に」

 

ボンドは爆弾の入ったブリーフケースを撃ち抜いて、ビルは爆発、倒壊してしまう。そのすきにテロリスト・スキアラは逃亡してしまう。スキアラは、迎えのヘリコプターを呼び、広場に急ぐ。ボンドはスキアラの後を追う。

到着したヘリコプターに急ぎ乗り込むスキアラ。ヘリコプターに飛び込むボンド。離陸したヘリコプターのなかでボンドとスキアラの乱闘が始まり、ヘリコプターは空中を迷走し始める。殴り合いながら、ボンドはスキアラが身につけていた指輪を奪う。スキアラの指から抜き取った指輪にはある謎の犯罪組織のマークが刻印されていた。ボンドは、スキアラをヘリコプターの外へ蹴り出す。残ったヘリコプターの操縦士とも殴り合いながら、ボンドはヘリコプターの外へと操縦士を蹴り飛ばした。ボンドは迷走するヘリコプターの態勢を整えた帰路についた。

 

ロンドン

ボンドはメキシコシティで起こした騒動で、新任のM(レイフ・ファインズ)から無期限の停職を命じられてしまう。現職のMは、MI5とMI6からなる統合情報局のトップとなるであろうマックス・デンビー(アンドリュー・スコット)(ボンドはコードネームCと名付けた)との権力闘争の真っ只中にいた。Cは、9カ国の情報協力協定「ナイン・アイズ」を創設し、その過程で時代遅れの「00」セクションの廃止を計画していた。

 

ボンドはマネーペニー(ナオミ・ハリス)からボンドが少年時代を過ごした生家”スカイフォール”屋敷の焼け跡から発見された写真を渡される。その写真に写っていたのは、ボンドと義理の父親ともうひとりの少年が写っていた。

メキシコの騒動は、前任者Mから「わたしが死んだら、テロリスト・スキアラを殺して彼の葬儀に参列するように」という非公式の命令(ビデオメッセージ)を受けていたとマネーペニーに説明した。ボンドは、メキシコシティで盗聴したスキアラたちの会話に出ていた”青白い王”について調べてもらうようマネーペニーに頼んだ。

 

ボンドとターナー(ロリー・キニア)はQ(ベン・ウィショー)のラボを訪ねる。ボンドは、Mから常に居場所がわかるようにとマイクロチップを右腕に挿入された。ボンドはQから装備品を渡されるがオメガの時計1個だけだった。Qに見せられた最新式のアストンマーティンDB10は009専用の車両だと説明された。

Q「無傷で返してと言ったのにむき身で返すとは」

前作『007/スカイフォール』で大破したボンドのアストンマーティンDB5はボディフレームを残したまま修理中だった。

ボンドは居場所を追わないでくれとQに頼む。家のローンと猫1匹の世話をしなければならないと渋るが48時間までならとQは答える。

ボンド「絵ハガキを送るよ」

Q「それだけはやめて」

 

ローマ

009が乗るはずだったアストンマーティンDB10に乗ってスキアラの葬儀に向かうボンド。

アストンマーティンDB10が無くなり青ざめるQ。

謹慎中のボンドは、謎の組織の一員だったテロリスト・スキアラの葬儀に参列し、夫を殺され自身も身の危険を感じている美しい未亡人ルチア(モニカ・ベルッチ)に接触する。ルチアを誘惑したボンドは彼女の身を守ることを条件(CIAのフェリックス・ライターに頼んである)に、謎の犯罪組織の存在を聞き出し、犯罪組織の秘密会議が行われる場所を聞き出す。

午前0時 カルデンツァ宮殿

スキアラから奪い取った指輪を見せて秘密会議に潜入するボンド。犯罪組織の秘密会議では、ハンブルグやチュニジアでの計画は成功、人身売買や偽造医薬品の流通に関してなど報告され、世界の情報を共有し制圧できれば、われわれの勝利は確実であると言及される。

メキシコシティでのスタジアム爆破計画の失敗、スキアラの死、ボリビアの「ティエラ計画」(『007/慰めの報酬』)の失敗について報告される。”青白い王”の抹殺が急務であると議題にあがる。責任者は次は失敗しないと報告するが、殺し屋ヒンクス(デビッド・バウティスタ)が現れ、両目を潰され殺される。

犯罪組織の首領が秘密会議に登場する。犯罪組織の首領が、密かに隠れているボンドに静かに語りかける。

犯罪組織の首領「ようこそ、ジェームズ、

実に久しぶりだな。

やっと再会できた。

カッコウ」

 

潜入したことがバレたボンドは宮殿を飛び出し、アストンマーティンDB10で逃げ去る。そのあとを殺し屋ヒンクスが乗るジャガーC-75 が追う。真夜中のローマ市内で激しいカーチェイスが繰り広げられる。

ボンドは車を運転しながら、マネーペニーに連絡する。マネーペニーは犯罪組織の下部組織クォンタムの幹部であるミスター・ホワイトが”青白い王”だとわかったとボンドに報告。ボンドは、フランツ・オーベルハウザーという人物の生前と死後について調べるようマネーペニーに頼む。

ボンドは、アストンマーティンDB10の最新装備を駆使して殺し屋ヒンクスから逃げ切る。

 

東京

ナイン・アイズ委員会の会議で、情報を共有することでテロ攻撃の脅威を軽減できると演説するC。採決が行われるが8対1(反対票は南アフリカ)によって否決される。満場一致とならず、ナイン・アイズ計画は否決される。

M「007は今、ロンドンにいるだろうな?いなかったらクビだぞ」

Q「今、ロンドンにいます(実はオーストリアのアルタウスゼーへ)」

 

オーストリア アルタウスゼー

ホワイトの潜伏場所を突き止めたボンドは、変わり果てたミスター・ホワイト(イエスパー・クリステンセン)と対面する。監視カメラが設置してあるが、すべて犯罪組織に録画されていた。彼は組織のなかでフランツ・オーベルハウザーと対立(犯罪行為だけならいいが、女性やこどもを殺したりすることに耐えられなくなった)し、携帯電話に仕込まれたタリウムによる放射能汚染で余命数週間の瀕死状態だった。死期が近いことを悟ったホワイトは、自分の娘の命を守ることを条件に組織が世界規模で暗躍するシンジケートであることをほのめかす。ボンドは組織から娘を守ることを約束し、信じてもらうためにボンドは拳銃をホワイトに差し出す。娘のマドレーヌ・スワンが、組織の謎を解く手助けをするとホワイトは告げる。ホワイトはマドレーヌが「アメリカン」を教えてくれる、それが組織の居場所につながると語った。そして、ミスター・ホワイトはボンドの拳銃で自分の頭を撃ち抜いた。ボンドはホワイトの遺体から財布を抜き取りマドレーヌ・スワンが写っている写真を取り出す。

 

ロンドン

Mは、Cの案内で情報センターを訪れる。

M「情報収集は時代の趨勢だが、その情報を誰がどのように使うのか、それが心配だ」

C「殺しのライセンスをもったスパイがひとり、世界を駆け回っても、このシステムにかなわない。「00」セクションはもう必要ない」

 

オーストリア ホフラー診療所

ボンドは、マドレーヌ・スワンが働くオーストリアの人里離れた診療所を訪れ診療を口実にマドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)と出会う。

ボンドはミスター・ホワイトから彼女を守るためにここへ来たと話す。しかし、彼女はボンドが父親と関わりのある人物だと知り、ボンドを追い返す。

Qの話では、オーベルハウザーは20年前の登山中に雪崩の事故で死んでいると報告。

ボンドは、スキアラから奪った指輪を解析するようQに頼む。

ボンドがQと話している間にマドレーヌ・スワンは殺し屋ヒンクスらに誘拐される。

ボンドは小型飛行機で殺し屋ヒンクスを追いかけ、車3台を破壊。マドレーヌ・スワンを救出するが、ボンドに怒りを覚えているスワンはボンドを拒否。

マドレーヌ・スワン「どっか行って。あなたが殺し屋を連れてきたのよ」

ボンド「今、生き延びるためには僕を信じるしかない」

その後、二人はQが宿泊しているホテルを訪ねて、スキアラの指輪から今までボンドが関わった3つの事件に関係する人物、ル・シッフル、ドミニク・グリーン、シルヴァ、クォンタム、ホワイトを結びつけるデジタルファイルが入っていることが判明したと説明される。

その時、中継で南アフリカのケープタウンで爆破テロが起きたとニュースが流れる。

ボンド「組織の名前は?」

Q「組織の名前はわかりません」

マドレーヌ「スペクター、組織の名前はスペクター」

マドレーヌは、ボンドが父親から聞いた「アメリカン」とは人ではなくモロッコにあるホテルだと伝える。

 

モロッコ タンジール

ボンドとマドレーヌは、彼女の父親がスワンの母親とハネムーンと結婚していた頃から毎年泊まっていたホテル・アメリカンのスイートルームに宿泊する。ボンドは、ホワイトが仕事で使っていた秘密の部屋を発見し、ビデオテープ(ヴェスパー・リンドの尋問)、図表、写真、そして次に行くべき場所の座標が記された地図を発見する。

ボンドは、こらから先は危険だと言うが、マドレーヌは父親の真相を知りたいとふたりで北アフリカの砂漠へ向かう。

 

ロンドン

南アフリカがナイン・アイズ計画に賛成することになり、ナイン・アイズ計画案が可決。Mは委員会の時間を知らされず出席できなかった。72時間後に新システム「ナイン・アイズ」が稼働することが決定する。

Cは委員長に就任し、Mは解任、「00」セクションは解散となる。

M「まだ、終わりじゃない」

 

北アフリカ 列車の旅

ボンド、自分の身を守るためにマドレーヌに拳銃の扱いを教える。拳銃は嫌いだと言うマドレーヌ。

子供のころ、父親を殺しに殺し屋(サフィン?)が来た。自分は2階にいたが、1階のキッチンのシンクに父親のベレッタが隠したあったことも殺し屋は知らなかった。

 

列車の夕食

きれいに着飾って現れるマドレーヌ。

マドレーヌ「そんなに見つめちゃだめ」

ボンド「そんなかっこしちゃだめだ」

突然、二人の前に再び殺し屋ヒンクスが現れる。ヒンクスと格闘するボンド。ボンドはそばにあったロープでヒンクスの首を絞める。ボンドはロープをビール樽に取り付け、ビール樽が列車から転げ落ちるとヒンクスも引っ張られて列車の外へ。

マドレーヌ「これからどうする?」

部屋に戻り激しく口づけを交わすふたり。

 

北アフリカ

駅に到着したふたりを1948年製ロールスロイス・シルバーレイスが迎えに来る。二人は砂漠にある施設に運ばれる。

組織の首領は、ふたりに挨拶をする。組織の首領は、ホワイトを訪れ子供のころのマドレーヌと出会ったと話すがマドレーヌは覚えていなかった。

組織の首領は施設内を案内しながら、Cは犯罪組織の一員であり、すべての情報データをそのまま組織に提供することをボンドにほのめかす。

組織の首領「ヴェスパー・リンドが死んだのも、Mが死んだのも、今まで君に苦しみを与えてきたのは、すべてわたしだ」

 

組織の首領が、マドレーヌに父親が自害したビデオを見せよとしてボンドはマドレーヌに見ないよう叫ぶが手下に取り押さえられ、気を失う。

 

ボンドは、気がつくと病院の診察室のような真っ白な部屋の椅子に固定されていた。

組織の首領は、ミニドリルでボンドの頭に穴を開けて、視覚、聴覚を失い認識できずに死んでいくと説明する。

組織の首領は、ボンドと自分の生い立ちについて語り始める。

ボンドは幼い頃に両親をなくし、ボンドを育てたのは私の父だった。

2年間、父は登山、スキー、ハンティングを教えた。自分には弟だと思えと教えられた。

父と弟は強い絆で結ばれていた。だから、私はジェームズに嫉妬して自分の父親を殺した。

カッコウは巣立つときに他のたまごを捨てる。私が父親を殺す決断をさせたのはジェームズだった。私のその後の道を決めたのもジェームズ、君のせいだ。

ボンドがフランツと叫ぶと、

組織の首領は「フランツ・オーベルハウザーは20年前に死んだ。父親と一緒に雪崩に飲み込まれて。お前が今話している相手は、現在使っている本名はエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドだ。母方の家系の名だ」と語った。

 

ブロフェルド「君等は良いカップルだった。ボンドは君を認識できずに死んでいく」

ボンドに駆け寄るマドレーヌ。

マドレーヌ「愛しているわ」

ボンド「どこにいても君がいればわかる」

口づけをかわすふたり。

 

ボンドはオメガの時計をセットしてこっそりマドレーヌに渡す。

ボンド「1分で爆発する」

 

ブロフェルド「何を話している?」

ボンド「テンプス・フーキド」

ボンド「ラテン語だ、時は飛ぶ、矢の如し」

マドレーヌは、ブロフェルドの足元にオメガの時計を滑らすと同時に時計が爆発。

ブロフェルドは吹き飛ばされる。

ボンドとマドレーヌは基地を破壊し、大爆破を起こすブロフェルドの基地からヘリコプターで脱出するのであった。

 

ロンドン

M、Q、ターナー、ボンド、マネーペニーは午前0時のナイン・アイズのシステム稼働を阻止するためにCのところへ向かう。

ボンドとMがCをひきつけて、Qがシステム稼働を停める手はずで行動を開始する。マドレーヌはボンドに、

マドレーヌ「これで終わり。こういう生き方にはついていけない。あなたはいい人よ」

マドレーヌは、ボンドについていけないとその場から立ち去った。

 

ボンドとMが乗る車に、待ち伏せをしていた組織の車が追突する。ボンドは誘拐される。Mは気づかれずにその場から逃げ出す。

Q、ターナー、マネーペニーはナイン・アイズ・プログラムを停める作業にはいる。

 

ボンドは、旧MI6の本部に連れて行かれる。旧MI6の本部は、前作『007/スカイフォール』でシルヴァに破壊されて以来廃墟と化し、現在は取り壊しが予定されてる。赤いやじるしをたどっていくとル・シッフルやドミニク・グリーン、シルヴァ、M、ヴェスパー・リンドの写真が建物内に貼られていた。

 

C「Mはモロン(間抜け)のMか」

拳銃を取り出すC、だが弾倉は抜かれていた。手のひらの銃弾を見せながら、

M「Cは不注意(ケアレスミス)のCか」

MとCは乱闘になり、Cはビルから墜落して死亡。

 

ボンドは、旧MI6本部で右目を怪我したブロフェルドと対面。ボンドが脱出した際の爆発でひどい傷を負い、右目が見えなくなっていたが、ビルは3分後に爆発するように仕組まれており、マドレーヌ・スワンがビルのどこかに閉じ込められていることを告げ、ボンドに選択を迫る。

ブロフェルド「助けられるか、見殺しにするか」

入り口をはいると最上階から1階まで天井が破壊され吹き抜けになっている。崩落物が危険なので1階天井にはネットが張られていた。

ボンドは、マドレーヌを最上階で見つけ出し、1階まで飛び降りると急いで脱出すると同時に旧MI6本部は爆発、倒壊する。

ブロフェルド「さらばだ、ジェームズ・ボンド」

 

ボンドとマドレーヌは、テムズ川を高速ボートでブロフェルドが乗るヘリコプターの後を追う。

ボンドの射撃で、ブロフェルドが乗るヘリコプターは墜落。

ヘリコプターはウェストミンスター橋の上に墜落。爆発炎上するヘリコプターから這い出てきたブロフェルド。

ブロフェルド「撃て。早く終わらせろ」

ボンド、拳銃の弾倉を抜き取り、

ボンド「弾が切れた。それに今はもっと大事な用事がある」

ボンドはマドレーヌと抱きあい、その場を去っていった。

ふたりが抱き合う姿をブロフェルドはじっと見つめていた。

 

後日

ボンドがQのラボにやって来る。

Q「辞めたのでは?」

ボンド「忘れ物を取りに来た」

マドレーヌは微笑みながらボンドの隣に座り、ボンドの運転する修理の終わったアストンマーティンDB5はロンドンの街を走り去っていった。

 

 

 

映画『007/スペクター』作品情報(スタッフ・キャスト)

原題:Spectre

製作年:2015年

製作国:イギリス/アメリカ合衆国

製作会社

B24

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

イオン・プロダクション

ダンジャック

コロンビア映画

配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

日本公開日:2015年12月4日(金)

上映時間:148分

 

【 スタッフ 】

製作

バーバラ・ブロッコリ

マイケル・G・ウィルソン

監督:サム・メンデス

キャラクター創造:イアン・フレミング

原案

ジョン・ローガン

ニール・パーヴィス

ロバート・ウェイド

脚本

ジョン・ローガン

ニール・パーヴィス

ロバート・ウェイド

ジェズ・バターワース

音楽:トーマス・ニューマン

テーマ曲:モンティ・ノーマン「ジェームズ・ボンドのテーマ」

主題歌:サム・スミス「ライティングス・オン・ザ・ウォール」

撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ

編集:リー・スミス

SFXスーパーバイザー:クリス・コーボールド

VFXスーパーバイザー:スティーブン・ベッグ

衣装デザイナー:ジャニー・ティマイム

 

【 キャスト 】

ダニエル・クレイグ:ジェームズ・ボンド

任務遂行中の殺人が認められているイギリス政府公認の殺人許可書”殺しのライセンス”を持つイギリス情報局秘密情報部(MI6)00課に所属するエージェント。コードネームは”007”。

ダニエル・クレイグ【6代目ジェームズ・ボンド】【6代目ジェームズ・ボンド】ダニエル・クレイグのプロフィールやキャリアは?

 

クリストフ・ヴァルツ:フランツ・オーベルハウザー/エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド

本作の悪役。謎の犯罪組織「スペクター」を束ねる首領。

 

レア・セドゥ:マドレーヌ・スワン

ミスター・ホワイトの娘。オーストリアの山岳地帯にあるホフラー診療所に勤務している精神科医。

 

レイフ・ファインズ:M

イギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長。

 

モニカ・ベルッチ:ルチア・スキアラ

メキシコシティでスタジアム爆破のテロを計画していたマルコ・スキアラの妻。

 

ベン・ウィショー:Q

イギリス情報局秘密情報部特務装備開発課(Q課)の責任者。QはQuartermaster(需品担当将校)の略称。”特殊装備”の開発やコンピューターの知識にかけては天才的なスキルを持つ武器開発部門の若き責任者。

 

ナオミ・ハリス:ミス・イヴ・マネーペニー

以前はフィールドエージェントでボンドとともに現場で働いていたこともある。現在はMI6本部勤務でMの秘書をしながらボンドをサポートしている。

 

デビッド・バウティスタ:ミスター・ヒンクス

ボンドが殺害したマルコ・スキアラの後任の寡黙な巨漢の殺し屋。

 

アンドリュー・スコット:C(マックス・デンビー)

MI5の責任者で、スパイや00セクションは時代遅れであると指摘している。

 

ロリー・キニア:ビル・タナー

MI6の幕僚主任としてMの仕事をサポートする忠実な部下。

 

イエスパー・クリステンセン:ミスター・ホワイト

謎の犯罪組織「スペクター」の下部組織クォンタムの幹部。

 

アレサンドロ・クレモナ:マルコ・スキアラ

謎の組織の一員。メキシコシティでスタジアム爆破の計画を進めていた。

 

 

映画『007/スペクター』トリビア

◎当初、フランツ・オーベルハウザー/エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドの役にはゲイリー・オールドマンに出演を依頼していましたが、彼は、6カ月間もの長い間映画製作のために出演することを望んでいませんでした。

 

◎モニカ・ベルッチは、『007/スペクター』に出演する以前、ボンドガール役のオーディオを受けていました。1997年に、プレイボーイマガジンへのインタビューで、元ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンは、ベルッチは、『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)で、2つの主要なボンドガールの役のうちの1つであるパリス・カーヴァー役のスクリーンテストを テリー・ハッチャーとともに受けていました。ブロスナンは、「モニカ・ベルッチは魅惑的でゴージャスな女性です。彼女はボンドガールのスクリーンテストを受けましたが、愚か者たちはノーと言いました。代わりにテリー・ハッチャーがパリス役に決定しました。」

 

◎S.P.E.C.T.R.E.は、以前のジェームズ・ボンドの映画のなかでは「対諜報活動、テロリズム、復讐、恐喝のための特別機関(Special Executive for Counterintelligence, Terrorism, Revenge, and Extortion)」の略したものと言われていました。また、S.P.E.C.T.R.E.は、「対諜報活動、テロリズム、復讐、恐喝の特別執行官(Special Executor for Counterintelligence, Terrorism, Revenge, and Extortion)」としても知られています。ジェームズ・ボンドの作成者であるイアン・フレミングには、当初、「テロリズム、復讐、恐喝のための特別執行役(Special Executive for Terrorism, Revenge, and Extortion)」という、より簡単な表現を使っていました。

 

 

映画『007/スペクター』が鑑賞できる動画配信サービスは?

 

【定額見放題】

Amazonプライム・ビデオ

参考 映画『007/スペクター』Amazonプライム・ビデオ

 

【レンタル】

U-NEXT

参考 映画『007/スペクター』U-NEXT

 

Video Market

参考 映画『007/スペクター』Video Market

 

GAYO!ストア

参考 映画『007/スペクター』GAYO!ストア

 

 

 

◀◀「007」映画シリーズ第23作『007/スカイフォール』

『007/スカイフォール』あらすじとキャスト映画『007/スカイフォール』のあらすじとキャストは?

 

「007」映画シリーズ第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』▶▶

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』あらすじとキャスト映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のあらすじ【ネタバレ】とキャストは?

 

「007」映画シリーズ一覧はコチラ!

『007』映画シリーズ一覧『007』映画シリーズ一覧と全世界興行収入ランキング

 

 

記事作成日:2020/05/10

最終更新日:2021/11/27

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。