【ネタバレ】進行表からわかったこと。ボンドが”パパ”に!【『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』】

007ジェームズ・ボンドが愛娘を溺愛するパパに!

 

「007」シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の撮影進行表がオークションに出品されました。その撮影進行表から最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の劇中での意外な設定が明らかになり話題になっています!その意外な設定とは?

 

007ジェームズ・ボンドが、”愛娘を溺愛するパパに?!”

イギリス大衆紙のネット版「Daily Mail Online」の記事によると、前作『007/スペクター』(2015)に登場したレア・セドゥ演じるマドレーヌ・スワンとボンドとの間に娘が誕生。ボンドは、5歳になるその娘を溺愛しているという設定のようです。

この情報は、世界最大規模のネットオークションサイトeBayに『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の撮影進行表が150万ポンド(約2億円)で出品されたことによって物語の設定が明らかになりました。

この進行表によると昨年9月にイタリア南部で撮影されたシーンにリサ=ドラ・ソネットという5歳の子役がマチルドという少女役で登場することが書かれていました。

映画関係者のコメント

本当ですよ。ボンドは父親です。ダニエルは、この新作をこれまでで最も驚きやエンターテイメントに満ちた作品にしたかったのです。ダニエルは歳を重ねてきていますし、彼のボンドも成熟してきていますから、父親という視点を通して人生を見ているのです。しかし、それ以上に多くのことが起こりますよ。

引用:https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/james-bond-dad-007-no-time-to-die

 

また、物語は生物学的なパンデミックからボンドが世界を救おうと奮闘するようで、

映画関係者のコメント

Covid-19ではないですが、似ていますね。とてもタイムリーです。

引用:https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/james-bond-dad-007-no-time-to-die

 

 

注意
警告:ここから先は、近日公開予定の映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に関する広範なネタバレが含まれています。読み進める場合はご注意ください。

ボンドファンサイトMI6-HQが、今回オークションに出品されたイタリアでの撮影進行表からわかったことをまとめています。

1.CIAのフェリックス・ライターの同僚ローガン・アッシュ(ビリー・マグヌッセン)は、裏切り者である。

2.シーン#16 南イタリア・プーリア州の天然プール「詩の洞窟」でボンドとマドレーヌが泳ぐシーン。

3.シーン#52 マテーラでのアストンマーティンDB5のカーチェイスシーンでマドレーヌの「誰かが彼女を組み立てようとしている」というセリフ。

4.サフィンの隠れ家は、島にある潜水艦の小さな部屋。

5.9月、イタリアで最後に撮影されたシーンのひとつシーン#235 マラテアポート近くの海岸でノーミとマドレーヌとあともうひとりの人物の3人が撮影されました。3人目のキャラクターの名前はマチルド(Mathilde)で5歳の少女。

 

2019年4月の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の発表イベントでナオミ・ハリスが、映画は『007/スペクター』の5年後からスタートすると語っています。

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が始まりボンドとマドレーヌ・スワンのロマンスが続き、ボンドはヴェスパー・リンドの墓を訪れます。その後、アストンマーティンDB5のカーチェイスが始まります。5年後、マドレーヌはボンドのもとを去り、ジャマイカでのボンドの引退が明らかになります。ボンドはブロフェルドを尋問するために、MI6を訪れるとそこで二人は再会します。

 

マチルドが出演したシーン。

シーン#201 ボンドが隠れた場所を見つける。(ボンド、マチルド)

シーン#235 ノーミ、マドレーヌとマチルドの3人のシーン。

シーン#243 ノーミ、マドレーヌとマチルドの3人のワイドショット。

シーン#253 マドレーヌ・スワンがマチルドに物語を語るつもりでいる。

マチルドを演じるのは、子役のリサ=ドラ・ソネット( Lisa-Dorah Sonnet)。

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の悪役サフィンの陰謀は、

彼が人間のクローンに取り組んでいること、

マドレーヌ・スワンに執着していること(サフィンは、子供の頃のマドレーヌ・スワンを凍った湖から救っている)、

遺伝子戦争です。

マチルドは、サフィンが育てたマドレーヌ・スワンのクローンの可能性があります。

 

「007」シリーズの脚本家ニール・パーヴィスとロバート・ウェイドは長年、イアン・フレミングの原作小説で未使用の要素を新たに製作する映画の中で使用出来ないか取り組んできました。小説『007は二度死ぬ』でボンドは、最後にキャッシー鈴木のもとを去りますが、ボンドが記憶喪失で苦しんでいる間、彼を匿っていた。地元の神主のお告げによるとボンドは生涯のパートナーだと知らされる。ボンドに媚薬を与えてキャッシー鈴木はボンドとの間に子供を授かる。彼女はボンドとの結婚を期待し、彼女が妊娠したことをボンドに話す時期を探していた。しかし、ボンドは古い新聞からウラジオストックの記事を発見し、そこに記憶喪失を解くための過去の出来事を求めてロシアへと旅立ってしまう。小説の中では親になれなかったボンドは、ダニエル・クレイグボンドの最終作品でマチルドの親の役割を引き継ぐことで終わるかもしれません。

 

 

007最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のトリビア

◎キャリー・ジョージ・フクナガ監督は、Slashfilmのインタビューでプロデューサーのバーバラ・ブロッコリが最初に渡してくれた本がイアン・フレミングの小説『007は二度死ぬ』で、原作小説から007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に多くのことを引用していると語っています。また、イアン・フレミングの短編小説『読後焼却すべし(For Your Eyes Only)』のエピソードも参考にしているそうです。

 

◎007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のロケーションマネージャーのチャーリー・ヘイズが「シネマトゥデイ」のインタビューで、ロケ地候補の初期段階では日本も候補に上がっていたと語りました。脚本が進むうちにストーリーが違う方向に進み日本での撮影の話はなくなりました。

 

◎007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のプロダクション・デザイナーのマーク・ティルデスリーは、varietyのインタビューで悪役サフィンのアジトは、『007/ドクター・ノオ』や『007は二度死ぬ』でのドクター・ノオやスペクターの秘密基地をデザインしたケン・アダムスへのオマージュだと語りました。建物のスケール感を出して、荘厳なセットにしたかったそうです。フェロー諸島に決まったのは使いやすくアクセスが便利なため。

また、マーク・ティルデスリーはTotal Filmの記事のなかで日本建築家の安藤忠雄からインスピレーションを受けたと語っています。悪役サフィンのアジトのデザインの参考にした建築は瀬戸内海の離島・直島(香川県)にある「地中美術館」だそうです。

参考 地中美術館地中美術館公式サイト

Qのアパートになった建物は、ロンドンの中心にある古いビクトリア調の家を探しました。Qのキャラクター設定は、ウォータールー駅の近くに住みテムズ川を渡ってオフィスに行くという設定でした。Qは何事にもプロ意識を持っているので彼の家をデザインするときにもそのことを意識しました。

 

◎007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』なかで東京の西日暮里にある森田畳店の畳が112枚使われました。

**

 

 

記事作成日:2020/06/12

最終更新日:2021/10/10

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。