ダニエル・クレイグが、007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に出演を決めた理由とは?

ダニエル・クレイグが、007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に出演を決めた理由とは?

 

6代目ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグが、007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に出演を決めた理由とは?

 

007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に出演を決めた理由とは?

前作『007/スペクター』で6代目ジェームズ・ボンド役からの降板を考えていたダニエル・クレイグがイギリスの映画雑誌「トータルフィルム(Total Film)」の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の記事のなかのインタビューで答えています。

 

「もう終わったことだ」と ダニエル・クレイグは、ニューヨークのホテルでイギリスの映画雑誌「トータルフィルム(Total Film)」の記者と向かい合って座っていますが、彼の心は2015年に迷い込んでいた。

24作目のボンド映画『007/スペクター』のエンドクレジットが流れたとき、クレイグは「James Bond will return(ジェームズ・ボンドは帰ってくる)」という伝統的なクレジットが誇らしげにスクリーンに映し出されるのを見ていた。

しかし、当時47歳のクレイグは、復帰するつもりはありませんでした。6ヵ月に及ぶ過酷な撮影に加え、撮影中に膝の半月板を損傷してしまったクレイグは、「僕にとって、この作品は非常に厳しいものでした。ボンド映画に復帰するつもりはありませんでした。」

 

 

アルバート・R・”キュービー”・ブロッコリの娘であるバーバラ・ブロッコリは、異母兄のマイケル・G・ウィルソンとともにイーオン・プロダクションズで、1995年の『007/ゴールデンアイ』以降のすべてのボンド映画を製作してきましたが、「『007/スペクター』の完成後、彼はとても疲れていました」と振り返ります。「私たちは、『007/スペクター』で独自の試練を経験し、(ダニエルは)大怪我をしました。とても大変でした。だから、彼には時間が必要でした」。

 

 

ブロッコリとウィルソンは待っていた。ブロッコリとウィルソンは、クレイグに最後のミッションを打診するまで、実に2年近くも待っていたのだ。休息は、まさに医師が求めていたものだった。

「私は他の作品に出演していました。私は他の作品に参加して、会う機会が減っていた。家族(イーオン・プロダクションズ)は、その期間、家を離れていたことを許してくれました」とクレイグは微笑みながら、「『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』について話し合っているうちに、『007/カジノ・ロワイヤル』で始まった物語をここで終わらせる必要があるのではないか、と思いました。ヴェスパーやスペクターに関係するもの、そしてある意味ではつながっているものがあるのではないかと。それが形になっていきました。そして、私は『これだ!』と思いました」。

 

『007/スペクター』では、クリストフ・ヴァルツ演じるブロフェルド(ボンドの養子の兄)が、ボンドのすべての痛み、苦しみの中心であることを明らかにすることで、この連続性(ダニエル・クレイグのボンド作品)を明示しました。ウィルソン氏は、クレイグの5作目の作品を「シリーズの中の小さなミニシリーズ」と表現していますが、ブロッコリ氏も同じことを言っています。「本作は『007/カジノ・ロワイヤル』の良い締めくくりになると思います。というのも、彼の感情的な進化が、これまでのボンドにはなかった場所に到達しているからです。これはとてもエキサイティングなことです」。

 

 

クレイグにとっては、ボンドの違った、より深い側面を探求する機会となりました。それが戻ってきた重要な理由でした。

「彼の感情を探るのは興味深いことです。なぜなら、彼は切り離されたキャラクターだからです。彼は殺人者なので、他の人と同じように感じることはありません。」とクレイグは説明しています。彼はボンドを「可能な限り自分とはかけ離れた存在」と考えていますが、今日のクレイグの服装を見ると、2人は仕立ての良いスーツが好きだという点で共通していることがわかります。

「『007/カジノ・ロワイヤル』では、彼は最愛の人を失い、そして心を閉ざすことになった。『007/慰めの報酬』では、復讐をテーマにしています。そして『007/スカイフォール』はMについての映画であり、喪失についての映画です。3つの作品のテーマは大きなテーマでした。

 

 

007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のテーマは”愛と家族”

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のテーマは?

「愛と家族です」とクレイグは断言します。ボンドの “家族 “とは、マネーペニー、Q、Mのことです。そして、ノーミ(ラシャーナ・リンチ)が登場しますが、彼女はよくわからない遠いいとこのような存在です。

「愛」については、『007/カジノ・ロワイヤル』で確立された疑問に立ち返ることになる。「映画の最後で、彼が「The bitch is dead」と言ったとき、彼は自分自身のためにロマンチックな愛の概念を放棄しているのです」と脚本家のウェイドは言います。「つまり、そこから導かれる問いは” 彼は実際に幸せを見つけることができるのか?” レア・セドゥ演じるマドレーヌ・スワンという愛する女性に再び裏切られたボンドにとって、エヴァ・グリーン演じるヴェスパー・リンドの記憶は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に嵐のように立ちはだかります。

 

「この作品での作業は、『007/スペクター』とはまったく異なるものだと感じました」と語るセドゥは、黒のスーツを着て「トータルフィルム(Total Film)」の記者の向かいに座り、ジャケットのポケットからシルクのハンカチーフを広げています。セドゥは、『007/ドクター・ノオ』と『007/ロシアより愛をこめて』でユーニス・ゲイソンが演じたシルビア・トレンチ以来、2作続けて同じ役を演じた初のボンドウーマンという稀有な存在です。「今回、マドレーヌはとても感情的です。『007/スペクター』では、彼女はボンドと少し距離を置いていたかもしれません。しかし、今は完全に彼を愛しています」。

 

マドレーヌとラミ・マレック演じる悪役サフィンとの関係については、誰もが口を閉ざしています。第1弾の予告編で、サフィンの粉々になったマスクを見て彼女が怯えていたことからも明らかです。彼女の父親であるミスター・ホワイトが怪しげな世界で活動していたことを考えると、マドレーヌとサフィンには関係があると考えても不思議ではありません。

 

 

物語の終結

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、さまざまな意味で歴史に残る作品です。ボンド映画25作目という記念すべき作品であるだけでなく、ボンドを演じる俳優が最後にタキシードを着ること(この作品で降板することが決まっている)を前提に一から作られた初めてのボンド映画であることは間違いありません。ショーン・コネリーとジョージ・レーゼンビーだけが、最後の作品の公開前に殺しのライセンスを手放す意向を表明しており、どちらの場合も撮影中に復帰することが期待されていました。クレイグは本作を「最後の作品」と表現し、バーバラ・ブロッコリは、クレイグの離脱について「まだ否定している」と半ば冗談交じりに語っていますが、「物語の終結という意味では、これで物語が完成したことになります。感情的にも満足しています」。

 

 

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が公開された後、人々が二度と見ることのできないものがある。それは、ダニエル・クレイグのボンドです。クレイグは、14年間にわたる英国の天才的なスパイとしての役割を終えようとしていますが、ジェームズを心から懐かしんでいることは間違いありません。

クレイグは、「やっている最中は、”ああ、これでいいんだ “と目をつぶってしまう傾向があるんだ」。でも、これまで以上に考えました。「これが最後の作品だからこそ、自分がこの作品に参加できたことを信じられないほど誇りに思い、光栄に思っています。私が毎日朝起きて仕事に行きたいと思うのは、一緒に仕事をした人たちを見て、「この業界で最高の人たちだ」と思うからです。それは桁外れに素晴らしいことです。だから私は思うのです。”もしボンド映画に興奮できなかったら、何に興奮できるのだろう?”」と。

 

 

レア・セドゥが、完成した本作を鑑賞して自分自身が出演しているにもかかわらず泣いてしまったと感想があったけど、悲劇なのかなぁ。

ジェームズ・ボンドのボンドの”恋”というとどうしても『女王陛下の007』を連想してしまうけど・・・

でも、これで区切りをつけて7代目ジェームズ・ボンドの新しい物語を始めることができるということか。

 

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』予告編

 

 

公開まであと”69”日。

 

 

記事作成日:2021/07/24

最終更新日:2021/08/12

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です