『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のあらすじとキャストは?

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』あらすじとキャスト

 

「007」映画シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のあらすじとキャストなどを徹底解説!

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の解説・見どころ

キャリー・ジョージ・フクナガ監督が、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を語る【メイキング映像】

ダニエル・クレイグ版ボンドとしては5作目、「007」シリーズとしては第25作目となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。この作品を最後にジェームズ・ボンド役を卒業すると明言し、ダニエル・クレイグ版ボンドの集大成となる本作。ダニエル・クレイグが今までに出演した4作品の謎が明らかになるとともに、すべてが変わる。

Q役のベン・ウィショーのコメント

「今回はダニエルがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品になるから、ある意味これまでダニエルがやってきた『007』の集大成となるような作品を目指していると思う。全ての作品からの要素が少しずつ集まって、結末を迎えるよ」

引用:https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/2020-01-29-ben-whishaw-007-no-time-to-die-ties-daniel-craig

イヴ・マネーペニー役ナオミ・ハリスのコメント

「『007 スカイフォール』『007 スペクター』とつながっている作品よ。でもものすごいサプライズがあって、私でさえ驚いたわ。だから観客にショックを与えることになると思う。ここで言えるのは、ボンドが自分自身の心とまたつながるってことね。とにかくボンドが自分の感情に触れて、もっと恋に落ちるのにオープンになるってこと。時間と共に前に進んでいって、女性は単なる目の保養として見られるべきじゃないってってことに気づくの」

引用:https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/2019-10-24-james-bond-007-no-time-to-die-endings

公開前のリーク対策のために3つの異なるエンディングが撮影され、監督のキャリー・ジョージ・フクナガだけが、新作にどのエンディングが使われるか知ることを許されているそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Capture the 007 Daniel Craig collection in stunning 4K Ultra HD Blu-Ray. Preorder via the link in our bio to secure your copy on 10/22! #Bond #DolbyVision

James Bond 007(@007)がシェアした投稿 –

 

今回の悪役サフィンは、実はシリーズ第1作『007/ドクター・ノオ』の悪役ドクター・ノオではないかとも言われています。サフィンを演じるラミ・マレックが役作りのために鑑賞した作品が『007/ドクター・ノオ』の1作品のみや、ドクター・ノオを演じたジョゼフ・ワイズマンとラミ・マレックの見た目がそっくりなこと、舞台が同じジャマイアであることなどの理由からそのように噂されています。

CIAの新人エージェント、パロマを演じるアナ・デ・アルマスと、ボンド引退後の”00”のライセンスコードを引き継いだ女性スパイ、ノーミを演じるラシャーナ・リンチ。アナ・デ・アルマスは、『ナイブス・アウト/名探偵と刃の館の秘密』でダニエル・クレイグと共演した際、クレイグが彼女の才能に惚れ込み、本作に出演することを推薦した逸材。ラシャーナ・リンチは、ジャマイカ系英国人で、マーベル映画『キャプテン・マーベル』で主人公と空軍に同期入隊した親友マリア・ランボー役を好演。

前作『007/スペクター』に続いての出演となるマドレーヌ・スワン役のレア・セドゥ。ブロフェルドのセリフにある「君は彼女にすべてを捧げた。彼女の秘密を知った時、君に死が訪れる」 また、悪役サフィンの増女の能面を見て涙するスワン。危険なミッションとともに、恋人マドレーヌ・スワンとのラブロマンスはどんな決着を迎えるのか。

『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞撮影賞を受賞した撮影監督のライナス・サンドグレン。監督キャリー・ジョージ・フクナガとともに『007』映画シリーズ初となる65mmIMAXフィルムカメラを使って、ジャマイカ、イタリアの世界遺産マテーラ、ノルウェー、ロンドンでロケを敢行、息を呑むような超高解像度の映像をIMAXシアターで楽しむ事ができるのも気になるところ。

 

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のあらすじ

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新予告編(Final International Trailer)

2021/09/02公開

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新予告編

2020/09/03公開

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』予告編第1弾

2020/03/11公開

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のあらすじ

エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドを逮捕して5年。イギリス秘密情報部(MI6)のジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)はMI6を退いて、ジャマイカでの穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライター(ジェフリー・ライト)が、彼に助けを求め訪ねてきたことで彼の平穏な生活は突如終わりを告げる。

何者かに誘拐された科学者ヴァルド・オブルチェフ(デヴィッド・デンシック)を救出するというごく平凡な任務は、想像以上に危険なもので、やがて、それは世界に脅威をもたらす最新技術を保有する黒幕を追うことになる。

手がかりを求めキューバに向かうボンドだが、そこには国際犯罪組織”スペクター”の影が・・・

【ネタバレ】進行表からわかったこと。ボンドが”パパ”に!【『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』】

 

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』作品情報(スタッフ・キャスト)

原題:No Time to Die

製作年:2020年

製作国:イギリス/アメリカ合衆国

製作会社

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

ユニバーサル・ピクチャーズ

イオン・プロダクションズ

配給

ユニバーサル・ピクチャーズ

ユナイテッド・アーティスツ

東宝東和

日本公開日:2021年10月1日(金)

上映時間:163分

 

【 スタッフ 】

製作

マイケル・G・ウィルソン

バーバラ・ブロッコリ

監督:キャリー・ジョージ・フクナガ

脚本

ニール・パーヴィス

ロバート・ウェイド

キャリー・ジョージ・フクナガ

フィービー・ウォーラー=ブリッジ

音楽:ハンス・ジマー

テーマ曲:モンティ・ノーマン「ジェームズ・ボンドのテーマ」

主題歌:ビリー・アイリッシュ「ノー・タイム・トゥ・ダイ(No Time To Die)」

撮影:リヌス・サンドグレン

編集:トム・クロス エリオット・グレアム

プロダクション・デザイナー:マーク・ティルデスリー

美術:アンドリュー・ベネット

ロケ地:ノルウェー ジャマイカ イングランド イタリア(マテラ) フェロー諸島 スコットランド

 

 

【 キャスト 】

ダニエル・クレイグ:ジェームズ・ボンド

(声優キャスト:藤真秀)

任務遂行中の殺人が認められているイギリス政府公認の殺人許可書”殺しのライセンス”を持つイギリス情報局秘密情報部(MI6)00課に所属するエージェント。コードネームは”007”。

ダニエル・クレイグ【6代目ジェームズ・ボンド】【6代目ジェームズ・ボンド】ダニエル・クレイグのプロフィールやキャリアは?

 

ラミ・マレック:リュウシファー・サフィン

(声優キャスト:中井和哉)

本作の極悪級のヴィラン。肌に異常があるためか増女の能面をつけることもある。注意深くて緻密な殺人者。かつてスペクターの暗殺者として働いていた。大きな化学・製薬会社の家系出身で、いかなる宗教・イデオロギーとも繋がりがのない人物。復讐を目的としたテロリストのリーダー。

 

レア・セドゥ:マドレーヌ・スワン

(声優キャスト:園崎未恵)

犯罪組織”スペクター”の幹部だったミスター・ホワイトの娘。精神科医でボンドの恋人。

 

ラシャーナ・リンチ:ノーミ

(声優キャスト:斎賀みつき)

2年前から”殺しのライセンス”をもつイギリス情報局秘密情報部(MI6)00課の女性エージェント。

 

アナ・デ・アルマス:パロマ

(声優キャスト:水樹奈々)

CIAの新人エージェント。

 

レイフ・ファインズ:M

イギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長。

 

ベン・ウィショー:Q

イギリス情報局秘密情報部特務装備開発課(Q課)の責任者。QはQuartermaster(需品担当将校)の略称。”特殊装備”の開発やコンピュータの知識にかけては天才的なスキルを持つ武器開発部門の若き責任者。

 

ナオミ・ハリス:イヴ・マネーペニー

以前はフィールドエージェントとしてボンドとともに現場で働いていたこともある。現在はMI6本部でMの秘書として働きながらボンドのミッションをサポートしている。

 

ジェフリー・ライト:フェリックス・ライター

CIA出身のボンドの旧友。

 

ロリー・キニア:ビル・ターナー

MI6の幕僚主任としてMの仕事をサポートする忠実な部下。

 

クリストフ・ヴァルツ:エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド

(声優キャスト:山路和弘)

謎の国際犯罪組織「スペクター」を束ねる首領。

 

ダリ・ベンサラ:プリモ

傭兵。

 

デヴィッド・デンシック:ヴァルド・オブルチェフ

(声優キャスト:多田野曜平)

誘拐された科学者。

 

ビリー・マグヌッセン:ローガン・アッシュ

(声優キャスト:浪川大輔)

CIAエージェント。フェリックス・ライターの同僚。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#BOND25

Dali Benssalah(@dalibenssalah)がシェアした投稿 –

**

 

 

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』トリビア

◎『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、ダニエル・クレイグ版ボンドの5作目にして最後の作品です。この作品は、2020年に公開される予定であり、ダニエル・クレイグが第1作目『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)でジェームズ・ボンドを演じてから14年が経ちました。1970年代初頭(『007/死ぬのは奴らだ』(1973))から1980年代後期(『007/美しき獲物たち』(1985))にかけて活躍したロジャー・ムーアがボンドを演じた期間が12年なので、ダニエル・クレイグがボンドを演じた期間が一番長い俳優です。作品本数は、ダニエル・クレイグが5本、ショーン・コネリーが6本、ロジャー・ムーアが7本に出演しました。

 

◎『007/スカイフォール』(2012)は、完全にデジタルで撮影され、ボンド映画はそれ以降デジタルで撮影されるという噂が流れたにもかかわらず、『007/スペクター』(2015)と『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2020)の両作品とも35mmフィルムで撮影されると報告されています。

 

フィービー・ウォーラー=ブリッジは、アイルランドの脚本家ジョアンナ・ハーウッドに次ぐ(『007 /ドクター・ノオ』(1962)と『007 /ロシアより愛をこめて』(1963))、ジェームズ・ボンド映画の脚本を書いた2人目の女性脚本家です。

 

◎007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(原題:No Time to Die)』にタイトルが決まるまでに噂されたタイトルには、「Eclipse」、「Shatterhand」、「A Reason to Die」などがありました。 2019年4月25日の公式イベントでは、映画のタイトルはありませんでした。仮タイトルの「A Reason to Die」は、2019年4月24日の前日の夜に制作によって削除されたと報告されています。

 

◎007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(原題:No Time to Die)』と同名タイトルの映画を「007」シリーズ制作のイーオン・プロがすでに制作していたという事も話題になっています。1958年制作で『今は死ぬ時でない(原題:No Time to Die)』という戦争映画で、プロデューサーはアルバート・ブロッコリ、監督はテレンス・ヤング(『007/ドクター・ノオ』、『007/ロシアより愛をこめて』)、脚本はリチャード・メイボーム(『007/ドクター・ノオ』~)、撮影はテッド・ムーア(『007/ドクター・ノオ』~)、イタリア出身の女優ルチアナ・パルッツィ(『007/サンダーボール作戦』)など後の「007」シリーズのスタッフやキャストが参加しています。ストーリーは、第二次大戦中のリビア砂漠が舞台でドイツ軍に捕らえられたイギリス兵の脱走劇。ドイツ軍のキャンプを脱走した5人のうち生き延びたのは2人だった。

 

◎007最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(原題:No Time to Die)』のタイトルは、映画がジェームズ・ボンドの死で終わる可能性があることを示唆しています。

 

◎この作品は『Bond 25』というワーキングタイトルで製作に入った。2019年8月20日に『ノー・タイム・トゥ・ダイ』というタイトルが発表された。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは「タイトルを探すのに苦労したわ。何も明かさずに理解できるタイトルが欲しかったし、映画を見た後には、より深い共感が得られるようなタイトルにしたかった。フレミングのタイトルはそういうものであることが多いから」と語っている。

 

 

 

記事作成日:2020/04/20

最終更新日:2021/09/17

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です