【3代目ジェームズ・ボンド】ロジャー・ムーアのプロフィールやキャリアは?

【3代目ジェームズ・ボンド】ロジャー・ムーア

 

3代目ジェームズ・ボンドとして「007」映画シリーズに7作品出演したロジャー・ムーアのプロフィールやキャリアなどを調べてみました!

 

ロジャー・ムーアのプロフィール

本名:サー・ロジャー・ジョージ・ムーア(Sir Roger George Moore KBE)

生年月日:1927年10月14日

没年月日:2017年5月23日(89歳没)

出身地:イングランド・ロンドン・ランベス区ストックウェル

死没地:スイス・ヴァレー州クラン=モンタナ

国籍:イギリス

身長:185cm

 

 

ロジャー・ムーアの生い立ち

1927年10月14日、イギリス・ロンドンのストックウェルで警察官のジョージ・アルフレッド・ムーアとリリアンの息子として生まれる。ムーアの父親は、ボウストリート警察で尊敬される巡査だった。

ムーアは、ハックフォードロード小学校に通い、その後バターグラマースクールに入学。ムーアは、学業に優れ最高の成績を収め、水泳に熱心でした。しかし、彼が最も好きだったことは絵を描くことで、彼の将来の夢は画家になることでした。

絵を描くことが好きで15歳で高校中退後、アニメーション制作見習いとしてロンドンのダーブレイストリートにオフィスを構えるパブリシティ・ピクチャーズ・プロダクション(1926-1946)に短い期間だったが就職。

 

 

ロジャー・ムーアのキャリア

1940年代、映画にエキストラ出演したのち18歳で軍隊に入隊、第二次大戦中、西ドイツに赴任してからは娯楽部門に異動となる。

除隊後に再び俳優に戻り、モデルやテレビのステージマネージャーなどのさまざまな職業を経験。

1944年、友人の勧めでヴィヴィアン・リー主演の『シーザーとクレオパトラ』にエキストラ出演。長身と精悍なルックスが共同監督のブライアン・デズモンド・ハーストの目に留まり、王立演劇学校(Royal Academy of Dramatic Art)に入学し演技を学ぶことを勧められる。後年、ボンド映画でミス・マネーペニーを演じたロイス・マクスウェルとは同じクラスでともに演技を学んだ。

参考 Royal Academy of Dramatic Art公式HPRoyal Academy of Dramatic Art

1953年、歌手で恋人のドロシー・スクワイアとともにアメリカに渡りTVドラマに出演するなどしながら下積み生活が続く。

1954年、MGM映画『雨の朝巴里に死す』の撮影のため一時イギリスに帰国。同年MGMの契約俳優となる。

1957年、TVドラマ『マーベリック』などに出演。

1962年、TVドラマシリーズ『セイント 天国野郎』(1962~1969)に出演し、国際的なスターの地位を得る。

1971年、トニー・カーティスと共演したTVドラマシリーズ『ダンディ2 華麗なる冒険』(1971~1972)に出演。

1973年、ショーン・コネリーの後継者、3代目ジェームズ・ボンドに決まり『007/死ぬのは奴らだ』に出演。

英国文学界が生んだ世界的2大キャラクター、シャーロック・ホームズとジェームズ・ボンドを演じた唯一の俳優となる。

その後、『007/黄金銃を持つ男』、『007/私を愛したスパイ』、『007/ムーンレイカー』、『007/ユア・アイズ・オンリー』ほか、「007」シリーズに1985年までの7作品でジェームズ・ボンドを演じる。

1980年、ゴールデングローブ賞ヘンリッタ賞、サターン賞特別賞それぞれ受賞。

俳優として活躍する一方、1990年代初頭からユニセフ親善大使(オードリ・ヘップバーンに勧められる)などのボランティア活動も精力的に努め、1999年大英帝国勲章:コマンダー(CBE)を授与、2003年6月14日には大英帝国勲章:ナイト・コマンダー(KBE)の爵位を授与される。

2007年、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を獲得。式典には、007の宿敵ジョーズを演じたリチャード・キールや、『007/死ぬのは奴らだ』で共演したデヴィッド・ヘディスン、女優ステファニー・パワーズらが出席した。

2008年には、初めての自伝「My Word Is My Bond」を上梓。フランス芸術文化勲章の最高賞であるコマンドゥールを授与される。

 

 

ロジャー・ムーアの『007』映画シリーズ出演作品

ムーアが、TVドラマシリーズ『セイント 天国野郎』で活躍していた頃、原作者イアン・フレミングの推薦もあり、ショーン・コネリー降板後には、ムーアが2代目ジェームズ・ボンド俳優にと決定していた。次作のボンド映画が延期になり、『セイント 天国野郎』との兼ね合いでスケジュールの調節ができず、結局、ジョージ・レーゼンビーが2代目ジェームズ・ボンドに抜擢される。

『女王陛下の007』後、ジョージ・レーゼンビーがボンド役を降板し、1971年に再びボンド役にとムーアに出演依頼の話が持ち込まれるが今度は『ダンディ2 華麗なる冒険』の撮影が決まってしまい、出演依頼を受けることができなかった。3代目ジェームズ・ボンドは、アメリカ人俳優のジョン・ギャビンに決定するが、やはり、ジェームズ・ボンドはイギリス系の俳優が演じるべきだとユナイテッド・アーティスツは考え直し、再度、ショーン・コネリーに登板を要求し、ショーン・コネリー側の条件を全面的に受け入れことで1本限りの初代ボンドの復活となる(『007/ダイヤモンドは永遠に』)。

1973年、TVドラマシリーズ『ダンディ2 華麗なる冒険』は人気が得られずドラマは終了。スケジュールの空いたところで4度目のオファーとなり、3代目ジェームズ・ボンド俳優に決定する。

007ジェームズ・ボンドといえば、タフでワイルドなショーン・コネリーのイメージが出来上がってしまい、そのイメージを超えるものを作り上げるのに苦労することになる。1962年にTVドラマシリーズ『セイント天国野郎』で人気を博した主人公サイモン・テンプラーの爽やかでチャーミングなキャラクターがロジャー・ムーア版ボンドの演技の基礎になっている。少年時代のピアース・ブロスナンにとってショーン・コネリーのボンドは憧れの存在だったが、年に一度のボンド以上にロジャー・ムーアが演じていたサイモン・テンプラーは最高のヒーローだったと語っている。

ロジャー・ムーアのボンドの魅力は、表情を変えずにさらりと口にするユーモアのセンス、女性に危機感を感じさせない物腰の柔らかさ、品の良さとエレガンスな雰囲気で観客に安心感を与えることに成功した。

ショーン・コネリーのボンドとの差別化を図るために、ドライ・マティーニは注文しない、タバコではなく葉巻を嗜み、歴代ボンドのなかでは唯一アストンマーティンに乗っていない。

歴代ボンドのなかでは初の黒髪ではないボンド(栗毛色)で、初のクイーズイングリッシュを話すボンドでもある。

エレガントでユーモラスなキャラクターからファンはもちろんスタッフや共演者からも広く愛されて、歴代ボンド全員(ピーター・セラーズやデビッド・ニーブンも含む)と交流がある。

 

1973年 第8作『007/死ぬのは奴らだ

『007/死ぬのは奴らだ』のあらすじとキャスト『007/死ぬのは奴らだ』のあらすじとキャストは?

 

1974年 第9作『007/黄金銃を持つ男

『007/黄金銃を持つ男』のあらすじとキャスト『007/黄金銃を持つ男』のあらすじとキャストは?

 

1977年 第10作『007/私を愛したスパイ

『007/私を愛したスパイ』のあらすじとキャスト『007/私を愛したスパイ』のあらすじとキャストは?

 

1979年 第11作『007/ムーンレイカー

『007/ムーンレイカー』のあらすじとキャスト『007/ムーンレイカー』のあらすじとキャストは?

 

1981年 第12作『007/ユア・アイズ・オンリー

『007/ユア・アイズ・オンリー』のあらすじとキャスト『007/ユア・アイズ・オンリー』のあらすじとキャストは?

 

1983年 第13作『007/オクトパシー

『007/オクトパシー』のあらすじとキャスト『007/オクトパシー』のあらすじとキャストは?

 

1985年 第14作『007/美しき獲物たち

『007/美しき獲物たち』のあらすじとキャスト『007/美しき獲物たち』のあらすじとキャストは?

 

 

ロジャー・ムーアの主な出演作品

ラッキータッチは恋の戦略』(1975)

ロジャー・ムーア 冒険野郎』(1976)

ロジャー・ムーア シャーロック・ホームズ・イン・ニューヨーク』(1976)

ワイルド・ギース』(1978)

北海ハイジャック』(1979)

オフサイド7』(1979)

キャノンボール』(1981)

サマー・シュプール』(1990)

ダブルチェイス 俺たち007じゃない』(1990)

クエスト』(1996)

 

 

ロジャー・ムーアの私生活

ロジャー・ムーアは、生涯に4度結婚しています。

1946年、最初の妻は、RADAの同級生だったドールン・ヴァン・ステイン(1953年に離婚)。

1953年、2人目の妻である歌手のドロシー・スクワイアと再婚。1961年に破局。彼女がその後8年間離婚を拒んだためムーアとルイザ・マッティオリとの間に生まれた二人の子供は庶出子となる。ドロシーは1998年に死去したが、2009年にムーアは彼女が子供頃住んでいた家に300ポンドのブルー・プラークを贈った。

1969年、『サビーヌの略奪』で共演した女優ルイザ・マッティオリと再婚(ロジャー・ムーアの一目惚れだったと語っている)。3人目の妻で元女優ルイザ・マッティオリとの間に2男1女がおり、子供のなかで長女のデボラと長男のジェフリーは俳優の道を選んだ。1994年に、ルイザに二人の38年間の関係は終わったと告げ、1993年以来患っている前立腺がんのためにリヴィエラでの治療生活に入った。

2002年、1億ポンドの慰謝料でルイザとの離婚が成立すると、74歳のムーアは4人目の妻であるクリスティーナ・ソルトラップとモンテカルロで3月10日極秘裏に結婚式を挙げた。

2017年10月14日に生誕90周年を迎える予定だったが、5月23日に癌のため89歳で死去。ムーアの遺族が公式Twitterで声明を発表。ムーアはスイスで亡くなり、故人の遺志により葬儀は遺族だけの密葬を執り行った。

 

 

◀◀【2代目ジェームズ・ボンド】

【2代目ジェームズ・ボンド】ジョージ・レーゼンビー【2代目ジェームズ・ボンド】ジョージ・レーゼンビーのプロフィールやキャリアは?

 

【4代目ジェームズ・ボンド】▶▶

【4代目ジェームズ・ボンド】ティモシー・ダルトン【4代目ジェームズ・ボンド】ティモシー・ダルトンのプロフィールやキャリアは?

 

 

記事作成日:2020/06/15

最終更新日:2021/06/14

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です