『007/ダイヤモンドは永遠に』のあらすじとキャストは?

『007/ダイヤモンドは永遠に』のあらすじとキャスト

 

「007」映画シリーズ第7作『007/ダイヤモンドは永遠に』のあらすじとキャストを徹底解説!

 

『007/ダイヤモンドは永遠に』の解説・見どころ

イアン・フレミングの小説「007」シリーズ長編第4作の映画化で、「007」映画シリーズの第7作。

ダイヤモンド製サテライト・ビームを搭載した人工衛星で世界各国を脅迫しようとするスペクターの首領ブロフェルドとボンドとの対決を描く。「007」シリーズを降板したショーン・コネリーが1作限りで復帰。ラスベガスでのカーチェイスと片輪走行はアクションシーンの見せ場。

前作の『女王陛下の007』が比較的原作に忠実に映画化されたのに比べて、本作の『007/ダイヤモンドは永遠に』は、アルバート・R・ブロッコリ主導の娯楽性を重視した作品となっている。

次作の『007/死ぬのは奴らだ』からは、3代目ジェームズ・ボンドのロジャー・ムーアが登場。

 

 

『007/ダイヤモンドは永遠に』のあらすじ

『007/ダイヤモンドは永遠に』予告編

『007/ダイヤモンドは永遠に』のあらすじ

イギリス秘密情報部樹MI6のエージェント、ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)は、宿敵エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド(チャールズ・グレイ)を追いかけ、日本、カイロなど世界中を駆け回っていた。

ついにボンドは、ブロフェルドが自分の替え玉に外科手術をしている施設にたどり着く。秘密の地下隠れ家で、ブロフェルドは外科医のチームに整形手術を急ぐことを要求していた。

その後、外科医チームは彼の手下を1人連れて、液化した泥の浴槽に入れた。彼らは手下の顔に泥を塗りつけ、部屋にいる別の外科医に温度を安定させるように言って部屋を出て行きます。その頃、隠れ家の外の茂みの中で外科医がひとり倒されていた。部屋に入ると、外科医は自分のサージカルマスクと衣服を脱ぎ捨てると、その男はボンドだった。ボンドが部屋を見回すと、泥の中に横たわっている被験者はボンドを見て、泥で覆われた拳銃をゆっくりと持ち上げます。それを見たボンドは素早くより多くの泥を浴びせて、被験者を溺死させた。その男の顔を確認するとブロフェルドではなかった。

本物のブロフェルドが、武装した警備員とともに現れる。ボンドは警備員を倒し、ブロフェルドを手術台に縛り付けて、蒸している泥の巨大なプールに押し込み殺します。

ボンド「地獄の釜へようこそ、ブロフェルド」

 

南アフリカの砂漠で、2人の男性、ミスター・ウィント(ブルース・グローヴァー)とミスター・キッド(パター・スミス)がサソリを観察しながら、サソリの毒がどれほど致命的か話しています。ウィントは手袋を着用し、サソリを拾います。男がスクーターに乗って到着。男は歯科医で、南アフリカの鉱山で口の中にダイヤモンドを隠し持った労働者からダイヤモンドを取り出し、ダイヤモンドを密輸していました。彼は集めたダイヤモンドを入れた小さな鞄を彼らに渡しました。鞄を受け取ると突然、キッドは歯痛を訴え、痛みでうめき始めます。キッドの口の中を診ているとウィントが背後から生きたサソリを歯科医のシャツの中に落として歯科医を殺します。

しばらくするとヘリコプターが到着し、パイロットは歯科医がどこにいるか尋ねます。キッドとウィントは男に歯科医は病気で来られなくなったと伝える。彼らはパイロットにダイヤモンドが入った小さな鞄を渡します。ヘリコプターが飛び立ち、しばらくするとヘリコプターは爆発し墜落炎上してしまいます。ウィントとキッドは、ダイヤモンドの入った本当の小さな鞄を持ってふたりは手をつなぎながら砂漠を歩いていきました。

Mは、ブロフェルドはもう死んでいると確信したため、休暇を兼ねてボンドに地味ではあるが南アフリカ産のダイヤモンドが大量に盗まれているが、市場には出回っていない、また、ダイヤモンドの密輸業者が次々と殺害されている事件の調査を命じた。Mは何者かがダイヤモンドの価格を操作するために備蓄しているのではないかと疑っていた。M(バーナード・リー)はボンドにダイヤモンドの密輸業者のピーター・フランクス(ジョー・ロビンソン)に変装し密輸活動に潜入し、誰が備蓄業者であるかを突き止めるためにオランダのアムステルダムに向かうよう命じました。

一方、殺し屋のウィントとキッドはアムステルダムに到着し、密輸活動にかかわっているダイヤモンド密輸業者を計画的に殺害していた。フランクスを装ったボンドは、ダイヤモンドを受け取る相手に出会うためにアムステルダムに到着しました。ダイヤモンドを手に入れるために訪れたのは、ティファニー・ケイス(ジル・セント・ジョン)という名のアメリカ人女性でした。Qが作った人工のフランクスの指紋を使いボンドのことをフランクスだと信じ込ませることに成功。しかし、本当のフランクスは捕まっていたが脱走し、夜遅くにティファニーに連絡を取ろうとしていた。ボンドは彼が脱走したと連絡を受けて待ち伏せし、ティファニーのアパートのエレベーターの中で彼を殺害します。フランクスが本当のジェームズ・ボンドだと見せかけるためにボンドのプレイボーイクラブの身分証明をフランクスのジャケットのポケットに忍ばせます。

ティファニーが預かっていたダイヤモンド(シャンデリアの中に)をフランクスの死体に隠す。そうしてティファニーとボンドはダイヤモンドとともにロサンゼルスに向かいました。殺し屋のウィントとキッドもロサンゼルス行きの同じ飛行機に乗っていることをふたりは知らなかった。

ロサンゼルス空港で、ボンドは税関職員に扮装した盟友でCIAのフェリックス・ライター(ノーマン・バートン)と出会い、遺体をスランバー葬儀社という葬儀場に運びます。ここでフランクスの遺体は火葬され、ダイヤモンドは次の密輸業者、シェイディ・トリー(レナード・バー)という年配の男性に渡されました。ボンドがダイヤモンドの代金を回収している間、彼はウィントとキッドに背後から襲われて気を失います。ウィントとキッドはボンドを棺に入れ、そして火葬の準備をして火葬のスイッチを入れます。トリーと葬儀屋のスランバーは、ボンドから渡されたダイヤモンドが偽物であったとボンドを燃えかけた棺から起こして非難し、本物のダイヤモンドを要求しますが、逆にボンドは偽札ではなく本当のお金を持ってくるように要求しました。

ボンドは、宿泊先のトロピカーナ・ホテルで寛ぎながらライターに本物のダイヤモンドをQに持ってくるように指示します。億万長者ウィラード・ホワイト(ジミー・ディーン)が所有するカジノホテル「ホワイト・ハウス」に行くと、このホテルで、トリーはスタンドアップコメディアンとして働いていました。ボンドは、ダイヤモンドが偽物であることを知らなかったウィントとキッドによってドレッシングルームでトリーが殺されているのを発見します。カジノの支配人であるバート・サクスビー(ブルース・キャボット)は、トリーが本物のダイヤモンドを回収出来なかったことを彼のボスに連絡し、さらなる指示を求めます。

カジノのクラップステーブルで、ボンドはプレンティ・オトゥール(ラナ・ウッド)という名前の自由気ままな美女と出会います。彼女はボンドがゲームをするときに彼を応援し、そして(削除されたシーンで)彼らは一緒に夕食をとります。ボンドは自分の部屋に彼女を招待するが、彼の部屋で待ち伏せしていたスランバー葬儀社の部下に捕まり、プレンティは窓からホテルのプールに放り投げられてしまう。ダイヤモンドがないことを知ると部下はボンドの部屋から出ていってしまう。ボンドはまだ部屋に誰かいる気配を感じて寝室に行くとティファニーがベッドに横たわっていた。ボンドは彼女と一緒に残りの夜を過ごします。(削除されたシーンでは、プレンティはボンドの部屋に戻って服を取り戻します。彼女はボンドとティファニーが一緒にベッドにいるのを見て、ティファニーの財布から住所カードを取り、後でティファニーの家に忍び込みます。)

ティファニーは、ボンドに本物のダイヤモンドがどこにあるのか聞き出そうとします。ボンドは贈り物を装い、彼女がラスベガスのサーカスでダイヤモンドを回収出来るように手配します。サーカスでティファニーは射的ゲームの景品としてダイヤモンドが隠された子犬のぬいぐるみを獲得します。フェリックス・ライターと彼の部下の監視下にあることを知らずに逃亡し、次の密輸業者にダイヤモンドを届ける手はずを整えました。ティファニーが自宅に戻ると、ボンドが彼女を待っていた。ティファニーは、自分と間違えられて(おそらくウィントとキッドによって)殺されたプレンティの遺体をプールで見つける。ボンドから密輸業者が次々と殺されていると脅されて、怖くなり最初は無口だったティファニーはボンドにダイヤモンドをどこに隠したのかを伝えます。

ボンドとティファニーはラスベガス空港に行き、ダイヤモンドが入った子犬のぬいぐるみは貸しロッカーに隠されていました。ぬいぐるみはポーターによって取り出され、カジノの支配人であるサクスビーのもとに届けられました。サクスビーは、バンで地元のガソリンスタンドに向かい、ガソリンスタンドで別の男と入れ替わりました。ボンドとティファニーは、バンを追いかけガソリンスタンドに向かいます。ティファニーがバンや他のドライバーの注意をそらしている間にボンドはバンの荷台からバンに忍び込みます。バンは都市郊外の砂漠にある政府の研究所に向かって走り出した。

バンは、隠れ家に住み人前に姿を見せることのないラスベガスの億万長者ウィラード・ホワイト(ジミー・ディーン)が所有する研究所「W電子工学」に入っていきました。バンの運転をしていた男がレーザー屈折の世界的権威であるメッツ博士(ジョセフ・フュルスト)で人工衛星の製作していた。研究所の所員を装ったボンドは、メッツ教授の研究室で「世界で最も偉大な行進曲」とケースに書かれてカセットテープに気づきます。研究所の偽所員だとバレたボンドは、研究所の中で月面探査の撮影している撮影現場から月面車を奪って逃走。

ティファニーと再会し、彼女が運転する車で警備員たちから逃げ切ります。彼らはその夜、ラスベガスに戻り、

ラスベガスの有名なフリーモント・ストリートで地元の警察と派手なカーチェイスを繰り広げ、逃走に成功。

ボンドとティファニーは、カジノホテル「ホワイト・ハウス」の新婚スイートにチェックインします。フェリックスと彼の部下はティファニーをホテルの部屋にダイヤモンドの密輸業者として軟禁します。ボンドはホテルの壁をつたって「ホワイト・ハウス」の最上階に侵入、ウィラード・ホワイトと出会います。ところがそこでボンドが出会ったのは、音声変換の電話を利用して自分の声を変換し、ホワイトを装った2人のブロフェルドであった。(タイトルのシークエンスでボンドに殺されたブロフェルドは替え玉であった)ボンドはどちらを殺すか迷っていたが、ブロフェルドの白いペルシャ猫を蹴り逃げた方のブロフェルドを撃ち殺します。しかし、ボンドは再び間違った男を選び、替え玉を殺しました。白いペルシャ猫も替え玉であった。ブロフェルドはボンドへの彼の計画を明らかにすることを拒否し、彼にエレベーターで帰ることように促します。ボンドがエレベーターに乗り込んで下の階に降り始めると天井からガスが吹き出してきて意識を失います。

意識を失ったボンドを待っていたのは、殺し屋のウィントとキッドでした。

ウィント「一度失敗したら次はどうするんだっけ?」

キッド「もう一度やり直すのさ、ウィント君」

ボンドは、車のトランクに押し込められて(その際、車のトランクに落ちた男性用化粧瓶が割れる)運び出される。車が着いた場所は、新しい下水道ラインを砂漠の地下に埋める工事現場だった。ふたりは、ボンドを巨大なパイプの中に置き去りにして帰っていった。朝になり下水道の工事が始まり、ボンドが置き去りにされた巨大なパイプはボンドを入れたまま地下に埋められた。下水道に紛れ込んだネズミによって目覚めたボンドは、下水道の工事のチェックする自動操縦の機械を故障させ脱出することに成功。

ボンドは、Qの作った音声変換装置を使いホテルの支配人サクスビーになりすましてブロフェルドにボンドがカジノで見つかったと連絡する。ブロフェルドは、別荘のペントハウスにいる用済みになったホワイトを消せとサクスビーに命じる。ボンドとフェリックス・ライターらCIAの捜査員はホワイトの別荘のペントハウスに彼を助けに急ぐ。ペントハウスに到着したボンドは、ホワイトの女性ボディーガードのバンビ(ローラ・ラーソン)とサンパー(トリナ・パークス)との乱闘になるが、

無事ホワイトを救出。その際に本当のサクスビーがホワイトを殺害に現れるが反対にCIAの捜査員によって射殺される。

その間にブロフェルドは「ホワイト・ハウス」から女装してこっそり脱出に成功し、白いペルシャ猫を連れた女性を怪しんで後をつけていたティファニーはブロフェルドに捕まってしまう。ホワイトとフェリックスの助けを借りて、ボンドはホワイトのW電子工学研究所に戻り、ブロフェルドの陰謀が明らかになる。メッツ教授が製作した人工衛星はすでに打ち上げに成功していた。人工衛星はブロフェルドたちの手によって操作され、ホワイトの研究所の所員らではもう操作が出来ない状態であった。ブロフェルドが作らせた人工衛星は大量のダイヤモンドを搭載した光屈折装置で強力な破壊力を持つレーザー光線を発する。ブロフェルドは、あらゆるものを破壊できるレーザー衛星を使ってアメリカや中国の核施設、太平洋のロシアの原子力潜水艦を破壊し、世界各国に世界を人質に世界的な核の覇権者になるための国際入札を要求した。

ボンドは、ホワイトのビジネス帝国の地図を見てブロフェルドはホワイトのどこかの施設にいると推測する。ホワイトがバハ・カリフォルニアの沖合に施設は持っていないと答えるとボンドは石油プラットフォームがブロフェルドの拠点だと特定した。ボンドはホワイトから人工衛星を制御するには暗号コードが登録されたテープをコンピューターに入れれば可能であると教えられる。テープの大きさはさまざまで6インチのものからカセットテープのような小さなものまである。

ボンドは石油プラットフォームに到着すると、彼はすぐにブロフェルドのところに連れて行かれる。ボンドは、人工衛星を制御するコードを含むカセットテープを偽物と交換しようと計画していた。

ブロフェルド「ラ・ロシュフコー曰く、”謙遜は悪質な自惚れ”だ」

ボンドが衛星制御コードを含むカセットを交換する試みがティファニーの勘違いのため失敗に終わる。ティファニーは交換し直そうとして逆にブロフェルドに感づかれて捕まってしまう。

この時点で、ホワイトとフェリックス・ライター、CIAはすでにヘリコプターによる石油プラットフォームへの激しい攻撃が開始されていた。ティファニーはなんとか混乱の中で脱出し、ボンドと合流する。ブロフェルドはミニ潜水艇で脱出しようとするが、ボンドは潜水艇の発射クレーンを操縦する部下を倒してクレーンを乗っ取る。制御室にブロフェルドが乗ったままの潜水艇を衝突させ、人工衛星の制御と基地の両方をともに破壊した。ヘリコプターの攻撃を受けて石油プラットフォームは黒煙を上げて爆発炎上。

事件解決後、ボンドとティファニーはP&Oのクルーズ船キャンベラでイギリスに向かうが、船にウィントとキッドも乗っていることをふたりは知らなかった。

その夜、ティファニーがボンドに大事な話があると話しかけると、ルームサービスの執事を装い、ウィントとキッドはボンドとティファニーの特等室に入って来ました。ホワイト氏から特別の夕食を提供するように言われたと説明するふたりの殺し屋。3分後に爆発するようにケーキに爆弾を隠していた。面と向かって会ったことは一度もなかったにもかかわらず、ボンドはウィントのアフターシェーブローションの香りを思い出す(車のトランクに押し込められた時に化粧瓶が割れる)。ボンドがソムリエに扮したウィントのワインに対する貧弱な知識を指摘すると、彼らはボンドに襲いかかってきた。キッドはバーベキューの火が全身に燃え移り、脇腹から海に飛び込むが焼身してしまう。ティファニーがウィントに爆弾を投げつけると、ボンドは爆弾をウィントに縛り付ける。爆弾が爆発する前に彼を船外に放り投げ海上で木っ端微塵に爆発するウィント。

ボンドがティファニーに大事な話の続きはと尋ねると、ティファニーは「ダイヤモンドを取り戻すにはどうすればいいのかしら」と微笑みながら答えました。

夜空には、ひときわ大きな星が光り輝いていました。

 

 

『007/ダイヤモンドは永遠に』作品情報(スタッフ・キャスト)

原題:Diamonds Are Forever

製作年:1971年

製作国:イギリス/アメリカ合衆国

製作会社

イーオン・プロダクションズ

配給:ユナイテッド・アーティスツ

日本公開日:1971年12月25日(土)

上映時間:120分

 

【 スタッフ 】

製作

ハリー・サルツマン

アルバート・R・ブロッコリ

監督:ガイ・ハミルトン

原作:イアン・フレミング「007 ダイヤモンドは永遠に」

脚本

トム・マンキーウィッツ

リチャード・メイボーム

音楽:ジョン・バリー

テーマ曲:モンティ・ノーマン「ジェームズ・ボンドのテーマ」

主題歌:シャーリー・バッシー「ダイヤモンドは永遠に」

『007/ダイヤモンドは永遠に』のテーマ曲、主題歌は?『007/ダイヤモンドは永遠に』のテーマ曲、主題歌は?

撮影:テッド・ムーア

編集

バート・ベイツ

ジョン・W・ホームズ

プロダクション・デザイン:ケン・アダム

美術

ビル・ケニー

ジャック・マクステッド

特殊効果

レスリー・ヒルマン

ウィッティ・マクマホン

視覚効果

ウォーリー・ヴィーヴァーズ

アルバート・ウィットロック

メインタイトル・デザイン:モーリス・ビンダー

スタント:ボブ・シモンズ

 

【 キャスト 】

ショーン・コネリー:ジェームズ・ボンド

任務遂行中の殺人が認められているイギリス政府公認の殺人許可書”殺しのライセンス”を持つイギリス情報局秘密情報部(MI6)00課に所属するエージェント。コードネームは”007”。普段は、MI6のダミー会社であるユニバーサル貿易の社員。

【初代ジェームズ・ボンド】ショーン・コネリー【初代ジェームズ・ボンド】ショーン・コネリーのプロフィールやキャリアは?

 

ジル・セント・ジョン:ティファニー・ケイス

ダイヤモンドの密輸業者。運び屋に化けたボンドからダイヤモンドの隠し場所を聞き出すためにボンドを誘惑。ブロフェルドに捕まった際は彼に忠誠を誓いながらも秘密裏にボンドに手助けをした美女。

 

チャールズ・グレイ:エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド

本作の悪役。国際犯罪組織「スペクター」の首領。表に出てくることはほぼなく、ル・シッフルやシルヴァなどの犯罪者を裏で操り、ボンドを苦しめてきた悪の天才。

 

ノーマン・バートン:フェリックス・ライター

CIA(米国中央情報局)の局員。ボンドの盟友。

 

ラナ・ウッド:プレンティ・オトゥール

カジノホテル「ホワイト・ハウス」のカジノで出会った自由気ままな美女。

 

ジミー・ディーン:ウィラード・ホワイト

カジノホテル「ホワイト・ハウス」の所有者でホテルの最上階に住み人前に姿を表さない億万長者。W電子工学研究所の所有者でもある。ブロフェルドによってペントハウスに監禁される。

 

ブルース・グローヴァー:ミスター・ウィント

ブロフェルドが雇っているゲイ・カップルで殺し屋。サソリを標的の背中に入れたり、火のついたバーベキューで襲ったりと殺し方が奇抜。

 

パター・スミス:ミスター・キッド

ブロフェルドが雇っているゲイ・カップルで殺し屋。サソリを標的の背中に入れたり、火のついたバーベキューで襲ったりと殺し方が奇抜。

 

ブルース・キャボット:バート・サクスビー

カジノホテル「ホワイト・ハウス」のカジノの支配人でウィラード・ホワイトに最も信頼している部下。

 

レナード・バー:シェイディ・トリー

カジノホテル「ホワイト・ハウス」のショーに出演するスタンドアップコメディアン。ダイヤモンドの運び屋でもある。

 

ジョセフ・フュルスト:メッツ教授

レーザー屈折の世界的権威。核軍縮と世界平和を信じてブロフェルドの人工衛星製作に協力する。

 

ジョー・ロビンソン:ピーター・フランクス

プロのダイヤモンド密輸業者。

 

ローラ・ラーソン:バンビ

ペントハウスでウィラード・ホワイトと一緒に住む美女のボディーガード。

 

トリナ・パークス:サンパー

ペントハウスでウィラード・ホワイトと一緒に住む美女のボディーガード。

 

バーナード・リー:M

イギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長。

 

デズモンド・リュウェリン:Q

イギリス情報局秘密情報部特務装備開発課(Q課)の責任者。QはQuartermaster(需品担当将校)の略称。彼の発明品をすぐに壊すボンドに少し呆れている。

 

ロイス・マクスウェル:ミス・マネーペニー

イギリス情報局秘密情報部(MI6)の局長Mの秘書。

 

 

『007/ダイヤモンドは永遠に』トリビア

◎もともと、この「007」映画シリーズ第7作『007/ダイヤモンドは永遠に』はボンドの妻トレイシー・ボンドの復讐劇となる予定で、リチャード・メイボームの最初の脚本の扱いではボンドが彼の死んだ妻トレーシーを悼み、ブロフェルドに復讐を誓うことで物語が始まる計画でした。しかし、ジョージ・レーゼンビー(George Lazenby)が、ボンド役を降板したため脚本は完全に書き直され、トレーシーと彼女の死がボンドに深く影響を与えていることについての言及はなくなりました。

 

◎ショーン・コネリーの高い出演料のため、特殊効果の予算は大幅に削減されました。伝えられたところによると、コネリーは当時ジェームズ・ボンドとして復帰するために支払われた金額は 1,250,000ドルを支払われました。

 

◎ブロフェルドの整形手術は、原作にありませんでしたが映画製作当時、美容整形が流行しておりアバンタイトルに取り入れられました。マッシュポテトを使用して、アバンタイトルで取り上げた茶色の物質の泥浴を再現しました。プロデューサーが考慮に入れなかったのは、24時間後、熱い照明の下で、マッシュポテトがほとんど耐えられない匂いを発することでした。

 

◎原案では、ゲルト・フレーベが『007/ゴールドフィンガー(Goldfinger)』(1964)からオーリック・ゴールドフィンガー(Auric Goldfinger)の双子だったという設定で、兄弟が殺されて復讐をするというストーリーでした。このキャラクターは、スーパータンカーにレーザー光線を発する装置を取り付けているスウェーデンの億万長者という設定でした。

 

◎監督のガイ・ハミルトンは、アメリカの大きな車が好きではなく、映画のカーチェイス・シーンでそれらの車が大破するのを楽しんでいました。

 

◎『007/ゴールドフィンガー』の撮影で、大のゴルフ好きになったショーン・コネリーはプロデューサーに撮影が終わったら近くのゴルフコースでプレイしても良いと許可をもらい1時間半で12カットの撮影を終わらせて監督のガイ・ハミルトンとゴルフを楽しみました。

 

◎2代目ジェームズ・ボンドのジョージ・レーゼンビーは、2作目のボンド映画への出演を依頼されましたが、長くて制限の可能性のある契約のため、断られました。バート・レイノルズは初めてのボンド役の依頼でしたが、辞退しました。ジョン・ギャビンは、この映画でボンド役を演じることが決まりユナイテッド・アーティスツと出演契約までしていました。当時、『ユーロスパイ・フリック(Niente rose par OSS 117 )』(1968)でフランスのスパイOSS 117を演じていました。また、ジェームズ・ボンド役はイギリスの俳優が演じるべきだと感じたため、アダム・ウェストは出演依頼を辞任しました。マイケル・ガンボンは、「体調不良のために」ボンド役を辞任しました。土壇場で、ショーン・コネリーは、当時の天文学的な出演料で、6回目のボンド役として復帰することに同意しました。アルバート・R・ブロッコリはジョン・ギャビンに彼が契約で要求した出演料全額を支払うようにユナイテッド・アーティスツに要求していました。

 

◎億万長者ウィラード・ホワイトは、実業家、発明家で20世紀を代表する億万長者のハワード・ヒューズをモデルにしていました。この映画では、ホワイトがカジノホテル「ホワイト・ハウス」を所有し、ハワード・ヒューズが実際のラスベガスホテル、「デザート・イン」を所有していました。映画が公開された当時、ホワイトを演じたジミー・ディーンは、「デザート・イン」でヒューズの従業員でした。ディーンは、現実のボスをモデルにして演技することは本当に不安であったと認めています。

 

◎映画の中で独自の石油プラットフォームのセットを作る代わりに、プロデューサーチームは半ポータブルの石油プラットフォームを1日4万ドルでレンタルし、それをカスタマイズして、南カリフォルニア沿岸の別の場所にセットを建てました。

 

◎『007/ダイヤモンドは永遠に』は『007/スペクター(Spectre)』(2015)が公開されるまで、イーオン・プロダクションズ(EON Productions)が犯罪組織名(S.P.E.C.T.R.E. )または悪役キャラクター、エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド(Ernst Stavro Blofeld)を公式に使用した最後のボンド映画でした。この映画ではブロフェルドは明らかにS.P.E.C.T.R.E.の首領ではなく、この映画の公開後、作家ケビン・マクロリーは、原作者のイアン・フレミングではなく小説「サンダーボール作戦」(1961年)のために組織を創設したことに対する法的主張は、裁判所によって支持されました。『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)のアバンタイトルでは、ブロフェルドのように見られますが、識別されていません。当時のイーオン・プロダクションズとイアン・フレミングとの取り決めでは、マクロリーの作品を使用することが許可されていませんでした。ケビン・マクロリーが製作した非公式のボンド映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン(Never Say Never Again)』(1983)は、『007/サンダーボール作戦』(1965)のリメイクであったため、BlofeldとS.P.E.C.T.R.E.を利用出来ました。

 

◎デズモンド・リュウェリンは、Qがカジノのスロットマシンでの不正行為に使用する「電子RPMコントローラ」は、彼が実際に使ってみたいと思った007ガジェットの1つだと告白しました。

 

◎ロイス・マクスウェル(ミス・マネーペニー)は、髪を染めたという事実を隠すために、彼女の唯一の登場シーンで帽子をかぶっていました。

 

◎ティファニー・ケイスは、アメリカ人初のボンドガールであり、今までのボンドガールが比較的控えめだったのに比べると、理屈っぽく、研ぎ澄まされ、大声で、そして勇敢です。彼女はどうやらアメリカ人女性について論評されることを意図していたようです。

 

◎米国での『女王陛下の007』(1969)の興行的失敗の後(世界の他の地域ではヒットしたが)、この映画のプロデューサーはアメリカの集客を取り戻すために全力を尽くした。イアン・フレミングの原作小説の多くがラスベガスまたは周辺の砂漠が舞台の一部になっているが、この映画の大部分が米国、特にラスベガスに設定されている理由だと説明しています。ジェームズ・ボンドの映画の多くは、キャストやスタッフがいくつかのハイステークスギャンブルに参加していることが知られています。しかし、ラスベガスのカジノで映画の撮影が出来るのは、午前3時から午前6時までしか許可されていませんでした。また奇妙なことに、この映画では「ラスベガス」という名前は使われていません。

 

◎当初、ティファニー・ケイスの役を検討した女優には、ラクエル・ウェルチ、ジェーン・フォンダ、フェイ・ダナウェイが含まれていました。ジル・セント・ジョンは当初、プレンティ・オトゥール役を依頼されていましたが、スクリーンテスト中にガイ・ハミルトン監督の印象に残り、ティファニー役を獲得しました。彼女は最初のアメリカンボンドガールになりました。

 

◎DVD付属のメイキングのドキュメンタリーによると、シリーズのプロデューサーは当初、『007/ダイヤモンドは永遠に(Diamonds Are Forever)』をボンド映画シリーズの大規模な再起動作品としてアメリカの観客にアピールすることを意図していました。それは起こりませんでしたが、1970年代の『007/ムーンレイカー』までのボンド映画はすべて、アメリカ人の設定またはアメリカ人キャラクターによる重要な役での出演のいずれかが作品の特徴となっています。

 

◎ボンド役の再開について最初に交渉を受けたとき、ショーン・コネリーは冗談めかして200万ポンド(2005年には400万ドルまたは2000万ドル以上)の膨大な出演料とプロダクション契約を要求しました。両方の要求が満たされるとコネリーは出演料の一部を使用して、エジンバラで恵まれない子供たちを支援する慈善団体を設立しました。

 

◎もともとブロフェルドは、映画の最後まで生き残ったことが明らかになり、映画製作者たちは彼を次の映画にも登場させることを計画していましたが、法的な論争によりそれは不可能となりました。

 

 

◀◀「007」映画シリーズ第6作『女王陛下の007』

『女王陛下の007』のあらすじとキャスト『女王陛下の007』のあらすじとキャストは?

 

「007」映画シリーズ第8作『007/死ぬのは奴らだ』▶▶

『007/死ぬのは奴らだ』のあらすじとキャスト『007/死ぬのは奴らだ』のあらすじとキャストは?

 

「007」映画シリーズ一覧はコチラ!

『007』映画シリーズ一覧『007』映画シリーズ一覧

 

 

記事作成日:2020/08/26

最終更新日:2021/08/12

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です